鎌倉版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

「走り高跳び」全国2位の実力を持つ鎌倉きってのアスリート 元吉 雄基さん 笛田在住 18歳

きっかけは、消去法で

 ○…昨年8月の高校陸上全国大会「走り高跳び」において、記録2m10cmを叩き出し2位に輝いた。1、2年生を対象とした日本ユース大会では頂点に立ったことも。4月からは陸上の名門・東海大学でさらなる飛躍を目指す。

 ○…夏の全国2位は、喜びよりも悔しい思いが残った。優勝選手と跳んだ「バー」の高さが同じだったからだ。自身は最終跳躍の3回目で成功したのに対し、相手は1回でパス。「最後に跳べたが、同記録での次点だった」と悔しさをにじませた。

 ○…走り高跳びとの出会いは小6の鎌倉市陸上競技大会。参加する競技を「消去法で高跳びにした。なんだかできそうな感じがした」と振り返る。その結果、1m30cmの記録で優勝、それが成功体験に。深沢中では、迷わず陸上部で走り高跳びに取り組み、メキメキと実力を伸ばす。中3で1m95cm、そして高3(私立東京高校)までに15cmも更新し、自他ともに認める全国レベルに。

 ○…「試合中が楽しい」と、跳躍に全神経を集中させたり、他の選手の跳躍から刺激を受けるのがたまらなく楽しいようだ。進学先の東海大陸上部には、高校の先輩がおり、すでに練習に参加している。「レベルが非常に高い」と、その環境に興奮しているようだ。

 ○…3人兄弟の長男で両親と祖母の5人暮らし。深沢中陸上部の池田克行顧問(当時)とは、地元同士ということもあって、今でも家族ぐるみの付き合い。頭の中は、半分が走り高跳びのこと。もう半分は、友人と遊んだり、テレビ見たりと普通の18歳だ。「のんびりするのが好きです」とはにかんだ。

 ○…大学では「まずは大会に出場できる正選手になって、関東大会や全国大会で上位に入りたい」と意気込む。高校時代に指導を受けた日本記録保持者・醍醐直幸選手と「いつか競ってみたい」と、目線は世界を見据える。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク