鎌倉版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市も制作に協力 アニメの"聖地"に 「セイクリッドセブン」7月よりテレビ神奈川ほかで放映

文化

「ガンダム」シリーズのサンライズが手がける
「ガンダム」シリーズのサンライズが手がける

 7月よりテレビ神奈川などで放映が始まるアニメ番組「セイクリッドセブン」。その制作にあたり、鎌倉市や由比ガ浜中央商店街、江ノ島電鉄(株)、一般社団法人「鎌倉観光フォーラム」が協力している。劇中には、市内の名所や店舗などが実名で登場する予定。また、ストーリー展開の中で、鎌倉が重要な役割をもっており、物語が進むにつれて、明らかになっていく。

 「セイクリッドセブン」はアニメ制作会社の(株)サンライズとDVDコンテンツ事業やプロデュースを手がけるバンダイビジュアル(株)によるオリジナルの新作アニメ番組。

 特別なパワーを持つ鉱石「セイクリッドセブン」の力を宿す主人公が、石の魔物「悪石(あし)」に立ち向かう物語で、全12回を予定している(テレビ神奈川で7月5日より、MXテレビで7月8日より、ほか)。

 鎌倉観光フォーラム(2010年設立)は、「観光資産の創出」「既存商店街の再活性化」を目的に活動を行っている団体。同フォーラムの理事である森岡淳さんが「セイクリッドセブン」のプロモーション担当の企業とつながりを持つことから、作中に鎌倉を登場させることを提案した。昨年秋頃から、鎌倉市や由比ガ浜中央商店街に働きかけ、協力を得ることに成功した。現在、オリジナルグッズの制作・販売や、アニメファンが鎌倉を訪れた際に、楽しんでもらえるような「仕掛け」を企画中だという。

 アニメによる地域連動では、「らき☆すた」(07年チバテレビなどで放映)の舞台となった埼玉県鷲宮町がファンによる「聖地巡礼」で約10億円ともいわれる経済効果を上げたとされる。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク