鎌倉版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

(社)鎌倉市歯科医師会の会長に就任した 島田 博さん 本日誕生日 64歳

自分の歯で噛める幸せを

 ○…一般社団法人化して3年目となる鎌倉市歯科医師会。市内歯科の加入率は8割を誇り、その110を超す会員をまとめる。

 ○…歯科医師会は、公衆衛生の普及向上や予防医学の研究・指導、休日急患歯科診療所の管理運営などを主な役割とする。毎年6月の「歯の衛生週間」には、大船のイトーヨーカドー前で無料の歯科検診を開催、今年は約500人が訪れ盛況だったという。休日急患の診療所は2006年に、市の協力を得て大船のレイ・ウェル鎌倉内に開設、年間300件以上の利用があるようだ。また、同施設の有効活用として、「今後、平日に障害者歯科診療に取り組みたい」と市に協力を求めている。

 ○…市から歯科検診を委託されるなど、公的な役割を担うだけに法人化の意味は大きい。責任ある団体として「定款をしっかりと守りながら歩めるように団結していきたい」と意気込みを語った。歯科医師会のメリットについて、医療情報の共有をはじめ開院のサポート、勉強会などをあげる。また市立学校での歯科検診や中学での衛生講習会など、公的な役割も歯科医師会ならではという。

 ○…県立フラワーセンター近くに開院して約30年。植木小の学校医も長年務めている。父親が歯科医だったこともあり「背中を見て育った」と同じ道を進んだ。息抜きは、週1、2回のテニスだという。「20年以上やっているけど、なかなか上手くならないよ」と苦笑い。学生時代は旅行に夢中で日本中を巡った。現在、娘2人はすでに独立し妻との二人暮らし。「青汁やサプリメント飲んだり、健康には気を使っています」。

 ○…「週1、2回は県に出向くことになるかな」と、会長職として多忙な日々を送る。歯の健康について「寝る前には必ず時間をかけて歯磨きして下さい。半年に1回は検診を。自分の歯で噛めるということは幸せなことですよ」と、学校医の眼差しで語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク