鎌倉版 掲載号:2011年9月16日号
  • googleplus
  • LINE

消防士の小倉さん 3大会 メダルの快挙 世界警察消防の五輪 ベンチプレスで

スポーツ

大船の自宅にトレーニングルームも。一回の練習は3時間
大船の自宅にトレーニングルームも。一回の練習は3時間

 鎌倉市の消防士・小倉健二さん(44)が、先月26日から今月5日にかけて米国ニューヨーク市で開かれた「世界警察消防オリンピック大会(WORLD POLICE&FIRE GAMES)」ベンチプレス競技部門において、銀メダルに輝いた。小倉さんは同大会3回目の出場で、全てメダル獲得の快挙。「ベンチプレスが将来オリンピックの正式種目になったら、日本代表になりたい」と抱負を語る。

 同大会は2年ごとの開催で小倉さんが初出場したのは2005年のカナダ・ケベック大会。そこでいきなりの銀メダル。07年のオーストラリア・アデレード大会では世界記録175kgをたたき出し、世界の頂点に立つ。09年の大会には参加せず、今回のニューヨーク大会となった。

 小倉さんが競う階級(82・5kg〜90kg)は、選手の層が厚くハイレベルな争いに。競技は同じ重量を3回上げて次に進む。また、一度申請した重量を後に軽くすることはできず、相手との駆け引きもあるという。

 競技当日、アデレードで出した世界記録と同じ175kgまでは成功。しかし、競い合った米国の選手が180・25kgを上げ、世界記録を更新した。小倉さんも優勝選手と同じ重さをほぼ上げることはできたが、「最後に肘を伸ばせなかった」と悔しさをにじませる。

 今大会は米国東部を襲ったハリケーン「アイリーン」により、競技日程の変更など予測不可能な事態があり、競技への集中が難しかった影響もあったようだ。

 小倉さんは普段、大船消防署・玉縄出張所の救急隊長を務める。ベンチプレスを始めたきっかけは、空手の稽古で胸骨を折り、その悔しさを克服するための筋力アップだった。約170cmの身長で当時の体重は50kgほど。それが日々のトレーニングで筋骨隆々に。胸囲は130cmにもおよぶ。

 今後は「ベンチプレスの世界組織IPF主催の大会でもメダルが取れるよう頑張りたい」と語った。
 

メダル3つを持つ小倉さん
メダル3つを持つ小倉さん

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク