鎌倉版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

2月22日(水)にメジャーデビューとなるアルバムが発売されるヴォーカリスト Ryu Mihoさん 北鎌倉在住 

豊かな感性と行動力

 ○…2月22日(水)に、メジャーデビューアルバム「…and you will find me」がキングレコード(株)から発売される。ジャンルは、「『ジャジーポップス』。ジャズに馴染みのない人にも聴いてもらえるような作品にしたかった」と話す。オリジナルの曲からジャズやポップスの名曲まで、優しく、しっとりとした「ウィスパーヴォイス」で聴かせる。

 ○…海をイメージして作曲し、歌う前に由比ガ浜に行ったり、天園ハイキングコースを散歩して発想を得たりと、鎌倉の自然の中でインスピレーションを湧かせることが多い。「鎌倉はホームタウンです。自分に戻れる大切な場所」と話し、小町通りを歩くと「やっぱりほっとします」と笑う。

 ○…ロサンゼルスで生まれ、10歳の時に鎌倉へ。両親の影響で、家や車の中はいつもジャズなどの音楽が流れていた。中学では聖歌隊で讃美歌を、高校では「バンドをやりたくて」軽音部に。様々なジャンルに触れてきたが、現所属事務所の社長が音楽の方向を示し、世に導いてくれた。「この人について行こう」と、歌詞を書いたノートを破って渡し、「後で『一番しつこかった』と言われました」と苦笑い。父親の仕事の関係でフランスを訪れた際は一人で現地の美容院に行ったり、ライブハウスに飛び入り参加し喝采を受けたりするなど、物怖じしない行動力の持ち主だ。

 ○…動物好きで、息抜きは家で2匹の犬と遊ぶこと。絵を見るのも好きで、ルーブル美術館には6時間もいたほど。「亡くなる前のゴッホはなぜこの絵を残したかったのか」などと考えると「どんな思いで曲が作られたのか」と、第3者の視点に結びつく。劇団「月蝕歌劇団」に「オンディーヌ美帆」として客演する顔も持ち「寺山修司の世界観も好き」。はきはきと話す言葉の一つひとつに意思を感じる。豊かな感性と多彩な経験が歌い手としての魅力を深める。今後の活躍が楽しみだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク