鎌倉版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

専属の靴職人としてレディー・ガガさんに作品を提供している 舘鼻 則孝さん 梶原出身 26歳

多才なクリエイター

 ○…米国のシンガーソングライター、レディー・ガガさんが履く、かかとのない独特のデザインが施された靴。2010年に制作依頼を受けてから、専属アーティストとしてこれまでに20足以上を提供している。「海外で活躍することで、日本が注目されるようになれば」と思いを語る。

 ○…母親が人形作りの先生で、周りには手作りのものばかり。「欲しいものがあれば自分で作ればいい」という環境で育った。高校生の頃には、母の手ほどきを受けながら服を自作。「日本を盛り上げるためには、海外で活躍しないと」。かなり戦略的な海外志向を持ち、東京藝術大学で「日本のファッションを学ぶため」着物の染織を専攻。大きな転機となったのは卒業制作。「和と洋の間のものを作ろう」と生まれたのが「『ぽっくり下駄』の発展型」という靴だ。それをひっさげ、世界中のファッション関係者にメールを送ったところ、ガガさんのスタイリスト、ニコラ・フォルミケッティさんの目に留まった。

 ○…梶原に育ち、長谷幼稚園、深沢小学校、深沢中学校と歩んだ、生粋の鎌倉っ子だ。息抜きは、の問いに「好きなことをしているからなあ」と思案しながらも「鎌倉に帰ると落ち着きます。帰省したら光則寺や由比ガ浜には必ず行きますね。一人でお寺の縁側でくつろいでます」と笑う。鎌倉から旅立ち、今やパリ、ニューヨークと世界を股に掛ける。「頑張ればやれるもんですね」と目を細める。

 ○…俯瞰的にものごとを見る力がある。靴を作る傍ら、CDデザインやウェブサイト制作など、総合的な企画も行う「マルチクリエイター」だ。「伝えたい思いがどれだけあるかが重要なので、媒体は一つじゃなくてもいい。幅が広がればいろんな人に伝えられますから」と話す。「個人のライフスタイルをプロデュースしたり、アーティストが世に出るきっかけを作ったりもしたい」と、今後の展望を語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク