鎌倉版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

おなりよさこいキッズ 鎌倉まつり参加10周年 4月8日のパレードに向けて練習

文化

パレードでは「正調よさこい」や「よさこいサンバ」など4種類の踊りを披露する
パレードでは「正調よさこい」や「よさこいサンバ」など4種類の踊りを披露する

 鎌倉まつり(市観光協会主催)のパレード参加をきっかけに創立された「おなりよさこいキッズ(今井澄枝代表)」が、4月8日(日)に行われる今年の同パレード参加で10周年を迎える。市内小学生を中心に幼児から大人までの約100人が「よさこい踊り」を披露する。今月20日には御成小学校の体育館で練習が行われ、市内で活動するグループを訪問し交流する「市長カフェ」の一環で訪れた松尾崇市長も、一緒に「よさこい」を踊った。

 「ソーラン、ソーラン」「よっちょれ、よっちょれ」。子どもたちの元気な掛け声が体育館内に響き渡った。

 今年1月からのよさこいキッズの練習は4回目。児童らは手に鳴子を持ち、踊りの曲に合わせ体を動かした。本番さながらによさこい旗も掲げられ、4月8日に行われる鎌倉まつりのパレードに向け練習に励んだ。

 同団体は、小学生を中心に、未就学児から保護者まで幅広い参加者が、高知県発祥の「よさこい踊り」に取り組む社会教育団体。踊りの指導は市内外の小学校の先生4人で行っている。

 12年前、同団体の顧問を務める第二小の浅野真嗣先生(当時御成小)が、授業の研究会仲間によさこい踊りを紹介された。それを運動会の出し物の1つとして授業に取り入れたところ、喜んだ児童らが休み時間まで踊るほどに。子どもたちの楽しむ様子を見て「ぜひ鎌倉まつりのパレードに参加したい」と保護者らが主導して市観光協会に働きかけ、10年前から鎌倉まつりのパレードに参加するようになった。

 最初は御成小の児童60人ほどだったが、チラシ配りや、指導の先生らの他校への声掛けなどで徐々に参加者を増やした。例年5月に由比ガ浜で開催されている鎌倉ビーチフェスタにも数年前から参加している。

 練習には松尾崇市長も参加。おそろいのはっぴを着て、児童らに交ざった。市長は「難しい。よくみなさん踊りを覚えている」と驚いた様子。練習の合間に設けられた質問の時間では、児童からの「市長の仕事は」「歴史上で好きな人物は」などの問いかけに「みなと話し合い鎌倉の将来をより良い方向にしていくこと」「一番好きな人物は三国志の劉備玄徳」などと答えていた。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク