鎌倉版 掲載号:2012年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で鎌倉文学館の4代目館長に就任した 富岡 幸一郎さん 雪ノ下在住 54歳

伝統文学と新世代をつなぐ

 ○…鎌倉文学館の館長就任が決まり、「本当にびっくりしました」と話す。戦後文学を独自の視点で考察するなど、文芸評論家として活躍するとともに、関東学院大学の文学部教授として教鞭をとる。

 ○…これまでは、開館20周年記念の「文学都市かまくら100人」展や「芥川龍之介の鎌倉物語」展など、いくつかの文学館の企画展に携わってきた。芥川については、企画立案の中心として手腕を発揮。「いかに若い人にも足を運んでもらうか」に腐心したという。それらの実績もあり昨年11月ごろ、山内静夫前館長から声をかけられた。日本の近代文芸史に残る「鎌倉文士」たち、その足跡を後世に伝える文学館の館長に推薦され、「名誉なことです」と襟を正した。

 ○…文学に出会ったのは中学1年生のころ。「野球選手になりたかった」という少年が、三島由紀夫を前に、表現の豊かさなど、言葉の魅力に惚れ込んだ。また、高校では評論家の大家、小林秀雄の大ファンに。「鎌倉まで会いに行ったくらい」と笑った。そのころから、「評論」が自分の性に合うと思ったようだ。中央大学文学部のフランス文学科在学中に、21歳で講談社の「第22回群像新人文学賞評論部門優秀作」を受賞する。ちなみに小説部門の当選者は村上春樹。「彼がやっていたジャズバーに何度か遊びに行きましたね。当時は、こんなに有名になるとは思わなかった」と振り返る。1991年にはドイツ留学も。その頃に、都内から鎌倉に居を移した。

 ○…妻と娘2人の4人家族で、これまで長女に更新を任せていたブログは、「嫁に行っちゃったからできないなぁ」と苦笑い。息抜きは散歩。お酒も好きで、「色々な人と会いますね」と、よく小町の路地でグラスを傾けるという。

 ○…鎌倉の魅力は、伝統と新しいモノがともに共存していることだという。その魅力ある地で、新たな文学館運営の舵を取る。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク