鎌倉版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

紅葉が街を彩る 12月中旬まで見ごろ

社会

見物客で賑わいを見せる源氏山公園=25日
見物客で賑わいを見せる源氏山公園=25日

 市内各所で木々が色づき、秋の深まりを感じさせている。市観光協会では「今年の紅葉は例年並み」と説明する。毎年この時期は行楽客で賑わい、昨年は約316万人の観光客が市内を訪れた(市観光商工課調べ)。

 市観光協会によると、「見ごろは12月上旬から中旬にかけて。鎌倉宮や瑞泉寺、覚園寺、建長寺、円覚寺などが人気スポット」という。

 一般に葉の色づきは昼夜の温度差が大きいほど鮮やかになるとされる。市内でも赤や黄色に染まる木々が見られ、晴天となった11月25日の源氏山公園(市内扇ガ谷)では、家族連れやカメラを手にした見物客が紅葉狩りを楽しむ光景が見られた=写真。

 紅葉狩りに大勢が散策する北鎌倉の天園ハイキングコースでは、昨年10月から12月にかけて約7万5千人が訪れた。

 長谷寺(市内長谷)では12月9日(日)まで紅葉ライトアップが行われており、「昼から境内に入り、夕暮れとともに色の移ろいを楽しんで欲しい」と話している。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク