鎌倉版 掲載号:2013年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉女子大学管理栄養学科 山崎製パンと共同開発 「ランチパック」話題に

教育

考案した商品を手にする学生ら。後列左端は浦川教授。後列右端は庄谷洋美助手=5月22日、同大学
考案した商品を手にする学生ら。後列左端は浦川教授。後列右端は庄谷洋美助手=5月22日、同大学

 鎌倉女子大学(市内大船)家政学部管理栄養学科の学生が、山崎製パン株式会社(本社、東京都千代田区)と共同で企画・開発した商品が話題を呼んでいる。両者のコラボレーションは今回が初めて。

 山崎製パン(株)が共同開発の企画を立ち上げたのは昨年4月。「地域ならではの製品づくりや管理栄養学を学ぶ学生なら、メーカーでは思いつかない発想があるのでは」とそのねらいを明かす。昨夏頃、大学側に企画を打診。半年間にわたって担当者と学生との間で意見が交わされ、同学科内の4つのゼミごとに商品が考案された。

「紫いも」で紫陽花を表現

 浦川由美子教授のゼミが手掛けたのは、同社の人気商品「ランチパック」。サンドイッチを袋状にし、卵やピーナッツ、ツナマヨネーズなどの具材を閉じ込めたもので、種類が豊富なことや手軽に携帯できることなどから人気が高い。

 同ゼミの学生は同商品の新しい具材を模索。候補にシチュー、コーンポタージュ、モンブランなど様々な意見が挙がった。話し合いを重ねる中、販売予定時期が6月頃ということや鎌倉に名所が多いことなどから、紫いもを使って紫陽花を表現しようというアイデアが浮上。数回の試作を経て生まれたのが、すりつぶしてペースト状にした紫いもとホイップクリームを具材にした「紫いもあん&ホイップ」だ。

 甘くなりすぎないように、あんとホイップクリームの比率にこだわるなど工夫を凝らした。6月末まで関東、東北地方のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されている。同社担当者によれば、「発売が入学時期や紫陽花の季節と重なったこともあり、売上は順調に推移している」という。

 さらに、商品の包装にも学生のアイデアが盛り込まれた。商品キャラクターが、人力車に乗って紫陽花を見物している様子は、鎌倉の一風景を表現したものだ。

 学生らは、「一つの商品を開発して市場に出すまで、考えることが多くて驚いた」などと感想を述べた。浦川教授は「販売促進も含めて教えてもらうことができ、良い勉強になったのでは」と話した。
 

学生が発案した「紫いもあん&ホイップ」
学生が発案した「紫いもあん&ホイップ」

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク