鎌倉版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

4月3日からそごう美術館で個展を開催する書家 船本 芳雲さん 寺分在住 71歳

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena

書の「深淵」追い続ける

 ○…故郷・石川県珠洲市の風景や心象を綴った自作の詩を、多彩な書で表現した個展「沁みいる故郷」が4月3日から8日まで、「そごう美術館」で開催される。期間中は10mを超える大作など50点以上を展示。「書という芸術をより身近に感じてもらう機会になれば」と柔和な笑顔を浮かべる。

 ○…高校卒業後、当時の国鉄に入社し鎌倉へ。先輩に社内のサークルに誘われたことがきっかけで書を始めた。上達すればするほど「もっと上手くなりたい」という欲が芽生えた。購読する書道雑誌の編集者、青木香流さんの教室が横浜にあると聞き入門。この出会いが人生を変えることになる。「先生はとにかく魅力的な人で、一緒にいることが楽しくて仕方がなかった。時間さえあれば先生のところに入り浸っていたから、妻に『うちは母子家庭だったかしら』と言われましたよ」と苦笑する。40歳を迎えた時、「そろそろ書に専念したら」の一言をきっかけに、師が経営する書道雑誌の出版社に転職。以来、書の道を邁進してきた。

 ○…発表する作品は現代文を素材に漢字とかなを交えた「近代詩文書」が中心。それは書に対する「何が書かれているのか分からず難解」という、イメージへの危機感からだ。「社会から遊離してしまった芸術に未来はない。文字だからこそ何が書かれ、それをどう表現しているのか、伝わることも大切」と力強く話す。

 ○…最近では仲間とともに、小学3年生で始まる書道教育を「1年生から」と活動する。「キーボードと違って筆は、強く押し付ければ太く、引けば細い字になる。書は人間の感性の根幹につながりそれを育てる力があるんです」と語る。昨年は毎日書道展で文部科学大臣賞を受賞。現在の書壇を代表する一人として活躍する今でも「これでいい、究めた、と思ったことは一度もないですね」と噛みしめるように話す。「書の深淵」を追い求める歩みは、これからも続いていく。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク