鎌倉版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

玉縄中出身宗佑磨君 プロでの活躍誓う ドラフト指名母校に報告

スポーツ

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
左から榊原部長、宗君、大平校長(上写真)後輩から激励を受ける(下写真)
左から榊原部長、宗君、大平校長(上写真)後輩から激励を受ける(下写真)

 プロ野球ドラフト会議で、オリックス・バッファローズから2位で指名された横浜隼人高校3年生の宗佑磨(むねゆうま)君(大町在住・18)が10月28日、母校・玉縄中学校を訪れ、大平敦校長、三好晃秀教頭と2人の野球部員が出迎えた。

 横浜隼人高野球部の榊原秀樹部長とともに母校を訪れた宗君は「皆で楽しくプレーしながらチームワークの大切さを学んだ」と軟式野球部で汗を流した中学時代を振り返った。大平校長は「身体能力の高さは当時からずば抜けていた。とても楽しそうに野球をやっていた姿が印象に残っている」と話した。野球部主将で2年の齋藤竜治君は「夏の大会でライト前のヒットを2ベースにした時は驚いた。常に次の塁を狙う姿勢を参考にしたい」、前田大範君は「高校でのプレーをずっと見ていた。高い身体能力を生かして頑張ってほしい」と先輩を前に緊張した面持ち。そんな2人に宗君は「中学校がゴールではないので、頑張って。自分も精進します」とエールを送った。

高い身体能力で注目

 宗君は玉縄中から横浜隼人高に入学すると、1年秋からレギュラーに定着。今夏の甲子園県予選では膝の怪我を抱えながら、同校のベスト4入りに貢献した。

 ギニア出身の父を持ち、身長181cmの恵まれた体と50mを5秒8で走る高い身体能力に加え、高校通算28本塁打のバッティング、ショートでの華麗な守備で注目を集めていた。

 「尊敬する選手はイチローさん」と話す宗君。榊原部長は「新人キャンプの時期になるとイチロー選手は毎年オリックスの練習場で調整しており、会える可能性もある。大先輩から多くのことを吸収してほしい」と話した。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉全域を楽しんで」

鎌倉農泊協議会

「鎌倉全域を楽しんで」 経済

スタンプラリーなど実施

1月21日号

改修工事し文化財保存

材木座公会堂

改修工事し文化財保存 社会

100年先を見据え

1月21日号

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

北条氏の軌跡をたどる

歴史文化交流館

北条氏の軌跡をたどる 文化

企画展「伊豆から鎌倉へ」

1月7日号

1596人が新成人

1596人が新成人 社会

今年のテーマは「紡」

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook