鎌倉版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

タップとバイオリンを融合させた独自のスタイルで演奏活動を続ける 小澤 真智子さん 梶原出身

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

信じた道を突き進む

 ○…バイオリンを弾きながら、タップのリズムを刻む――。「タップバイオリン」と名付けた独自のスタイルでアメリカを拠点に活動している。2月28日と3月2日には故郷・鎌倉でコンサートを企画。「新しいトリオでの新しいタンゴを日本で初披露します。多くの人に楽しんでもらえれば」と穏やかな表情で語る。

 ○…東京生まれ、鎌倉育ち。音楽好きの両親の影響から3歳でピアノを始め、10歳のときにバイオリンと出会った。ひとつの音を出すことすら難しかったが「かえって上手くなりたいと闘志がわいた」と、どんどんのめり込んだ。幼少からの英才教育が当たり前の世界で「10歳からでは不利」と周囲に言われても諦められなかったという。

 ○…しかし東京芸術大学では壁にぶつかった。「イメージ通りに表現できず歯がゆさを感じていた」と振り返る。そんなときに出会ったのがタップダンス。「まるで音楽」と夢中になった。芸大を卒業しロンドンに留学後も「頭の中はタップでいっぱい」だったという。その思いはニューヨークに拠点を移した後、頂点に達する。「聴衆を驚かせたい」と「タップバイオリン」を生み出し、各地でコンサートを行うなど活動に打ち込んだ。「海外に出てから視野が開けて演奏にも自信がついた」とほほえむ。

 ○…友人に勧められたピアソラの曲をきっかけに、タンゴを演奏するように。元々さばさばした男勝りな性格。「ラテンの水が合っていたみたい」と笑う。昨年急逝したアルゼンチン人ピアニスト・ブルーネッティ氏とは5年にわたってバンドを組んだ。「彼からタンゴの全てを教わった。素晴らしい日々だった」と目尻にしわを寄せる。タンゴの魅力を伝え続けるため新たなトリオを結成、ワシントンに移って勉強を開始するなど挑戦は止まることを知らない。「やってみたい音楽は、まだまだたくさんある」。力強い眼差しは未来を見据え続ける。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク