鎌倉版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

「玉縄こどもセンター」が開所 一時預かりを開始

教育

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
新しくなった園舎(上)と所在地
新しくなった園舎(上)と所在地

 建て替えを行っていた市立岡本保育園(原田節子園長)がこのほど、子育て支援センターを併設した「玉縄こどもセンター」として開所した。定員が増加、一時預かりもスタートし、子育てのサポート体制の充実を図る。

強度不足で建て替え

 岡本保育園は2012年度に市が行った耐震診断により、強度不足が判明。「優先的に耐震化を検討する」との結果を受けて市は、同園近くの玉縄児童遊園に仮園舎を設け、建て替え工事を行っていた。

 新園舎では、定員がこれまでの90人から100人に増えたほか、市立保育園で3例目となる「一時預かり」サービスを開始した。

 一時預かりとは、保護者の病気や急用があった際、保育園を有料で利用できる制度のこと。事前申し込み制で、受け入れ年齢は6カ月以上、定員は最大10人。料金は1時間400円、食費250円。

支援センターを併設

 また同施設には、玉縄子育て支援センターを併設。これまで植木と玉縄にあった「つどいの広場」を集約し「子育てひろば」が設置された。主に0歳から3歳までの乳幼児やその保護者が自由に訪れることができる「フリースペース」で、子育てアドバイザーが常駐。相談を受け付ける。

 岡本保育園はすでに新園舎で保育を開始しているが同センターオープンは11月4日(水)を予定している。開設時間は月曜日から金曜日までの午前10時から午後3時まで。休館日は土・日・祝と年末年始。

 市こどもみらい部は「周辺住民の皆様の理解により、元の場所に建て替えることができた。地域における子育てのサポート体制の充実に繋げていきたい」と話している。

 「一時預かり」などに関する問い合わせは【電話】0467・61・3895同部こども施設担当へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉全域を楽しんで」

鎌倉農泊協議会

「鎌倉全域を楽しんで」 経済

スタンプラリーなど実施

1月21日号

改修工事し文化財保存

材木座公会堂

改修工事し文化財保存 社会

100年先を見据え

1月21日号

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

北条氏の軌跡をたどる

歴史文化交流館

北条氏の軌跡をたどる 文化

企画展「伊豆から鎌倉へ」

1月7日号

1596人が新成人

1596人が新成人 社会

今年のテーマは「紡」

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook