鎌倉版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

皇居・宮殿で開かれた「歌会始の儀」で召人(めしうど)を務めた 尾崎 左永子さん 鎌倉山在住 88歳

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena

尽きない探究心これからも

 ○…「駅出でて交差路わたる人の群 あたたかき冬の朝の香放つ」―。1月14日、皇居・宮殿で開かれた「歌始会の儀」において天皇陛下に招かれて歌を披露する召人(めしうど)を務め、この歌を詠んだ。今年のテーマは人。「東京駅の電車から乗客が出てくる朝の情景を表現した。緊張したが、いにしえから続く歌の原点を感じることができました」と笑顔で話す。

 ○…東京都出身。文学との出会いは女学校1年生の時だった。「授業で詩を書いたら先生が大変褒めてくださって。すっかりその気になりました」。その後、飛び級で東京女子大国語科へ。歌人・佐藤佐太郎に師事し、短歌の創作を続けた。1965年には夫の転勤でアメリカ・ボストンへ。「外国に行って改めて耳から聞く日本語の美しさに気付いた」と話し、源氏物語など古典文学の研究にものめり込んだ。歌人だけではなく、放送作家、作詞家、香道研究家とその経歴は多彩。著作も多数あり、2003年には文化庁長官表彰を受けている。「調べ物をするのが好きなの」とおどけてみせるが、その原点は苦い戦争体験にある。「私たちは学校へ行っても働かされた世代。その分、色んなことを知りたいという思いは強かった」と振り返る。

 ○…短歌の魅力を「心と心がわかり合えること」と語る。「昔の人はただ歌っていたわけではない。その内容や言葉使い、声色からその人の性格、教養あるいは社会的地位や外見までわかったのでしょう」とその奥深さを話す。現在は「美しいことばを次世代へ」をテーマにした雑誌の主筆を務め、短歌を日本語鍛錬のひとつとして広める活動にも力を入れる。

 ○…77年に鎌倉山へ。自宅の壁は本でびっしりで、88歳になってもその知識欲は衰えることを知らない。「次は新しい視点から、金沢文庫を創建した北条実時について書きたいと思っているの」。その瞳は少女のように輝いていた。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク