鎌倉版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

「かながわ地球環境賞」を受賞した 五味 一雄さん 今泉台在住 85歳

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

「省エネ成功は家族の和で」

 ○…環境保全に貢献のあった個人や団体、企業を県などが表彰する「かながわ地球環境賞」をこのほど受賞した。評価されたのは、省エネの実践とその啓発活動。「私一人の力ではなく、様々な人の協力で続けてきたことなので」と照れくさそうな笑みを浮かべる。

 ○…山梨県出身。大学で電子工学を学んだ後、理化学研究所に入所し、抗生物質の生産管理などに携わった。同研究所が発足させた製薬会社では要職を務め、慌ただしい日々を送った。2人の息子の成長に合わせて、今泉台に自宅を構えたのは1974年。定年退職後の99年に、鎌倉市の環境モニターに応募したことが転機となった。そこで省エネ手法の学習や実践、普及を目指すNPO団体「湘南・省エネネットワーキング」の前島仁代表と出会い、同会の会員に。これをきっかけに家庭でも様々な省エネを実践するようになった。

 ○…特に力を入れたのが電力の記録。「日々の使用量が分かると、自然と節電を心がけるようになる」が理由だったが、成果の実感と元来の理系気質が合い熱中した。ところが家族には不評。「ことあるごとに電気を消すように言ったら、妻や子どもから『みみっちい』と文句が出ました」と苦笑い。こうした経験から、省エネ成功の秘訣は「家族の和」と訴える。「みんなで取り組もうという意思統一がなければ長続きしない。何より一つの部屋で家族が団らんしていれば、冷暖房や照明費も削減できるじゃないですか」と笑う。

 ○…啓発活動にも力を入れてきた。町内会報に3年にわたってコラムを連載したほか、2002年から13年までに、小・中学校などのべ28校2500人以上に出前授業を行った。「自分たちの生活が地球にどのような影響を及ぼしているのか。伝えた時の子どもたちの素直な反応がうれしかった。またチャンスがあれば子どもたちの前に立ちたい」。省エネの伝道師としての意欲は、まだまだ衰えない。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク