鎌倉版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

小児医療費助成制度 通院無料中学3年に拡大 来年度中の実施目指す

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市は、0歳から小学校6年生までとしている通院医療費の助成対象を、中学校3年生にまで広げる方向で準備を進めている。

 現在、鎌倉市が行っている小児医療費助成制度は、子どもが出生したり転入した際に申請を行うと「医療証」が交付され、市内に住民登録または外国人登録があり、健康保険に加入している子どもが県内医療機関を受診した際に提示すると、保険診療の自己負担額が無料になるというもの。

 0歳から小学校就学前は養育者の所得制限を設けずに入院・通院にかかる費用を、小学校1年生から6年生は所得制限を設けたうえで入院・通院の費用を、助成している。また中学校1年生から3年生までは、所得制限を設けて入院費用のみを助成しており、2016年度は関連費用として約4億7千万円を当初予算に盛り込んでいる。

 ただ同制度は、子どもの貧困の広がりなどを受けて所得制限の廃止や対象年齢の拡充を求める声が強まっており、市でも検討を続けてきた。県内では厚木市、海老名市など2市7町1村が所得制限なし、平塚市、小田原市など3市1町が所得制限を設けたうえで中学校3年生までの入院・通院費用の助成を行っている。

 今後は市議会2月定例会に関連予算を提案し、17年度中の実施を目指す考え。市はほかにも妊産婦検診費の補助拡充などの子育て施策を進めるとしている。

鎌倉版のトップニュース最新6

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

施設と高校でクラスター

新型コロナ

施設と高校でクラスター 社会

7日間で33人増の688人に

4月23日号

高齢者に接種券を郵送

新型コロナワクチン

高齢者に接種券を郵送 社会

5月10日から予約受付

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter