鎌倉版 掲載号:2017年11月3日号
  • LINE
  • hatena

『宝石鳥』で第2回創元ファンタジイ新人賞を受賞した 鴇澤(ときざわ) 亜妃子(あきこ)さん 浄明寺在住 48歳

独自の世界観で夢つかむ

 ○…舞台はある架空世界の南海諸島に浮かぶシリーシャ島。そこに伝わる伝説を中心に死と再生の物語を描いた『宝石鳥』で第2回創元ファンタジイ新人賞を受賞した。8月には東京創元社から書籍化され「世界観や文体に中毒性がある」と話題を集めている。「受賞は本当に驚きました。少しでも多くの人に楽しんでもらえたら」とはにかむ。

 ○…大船高校入学後、文芸部で物語を書く楽しさを覚えた。ファンタジーの世界にのめりこんだのもこの時期で、最も影響を受けたのが野阿梓さんの作品。「日本語でこんなにかっこいい言い回しができるなんて」と、より言葉選びを意識するようになったという。18歳のとき購読していた雑誌の小説新人賞に初めて投稿したところ入選し、誌面に名前が掲載された。「次はもっと先へ行けるかもしれない」と、その後も様々な賞に挑戦したが、高い評価を受けても書籍化には至らず歯がゆい日々が続いた。

 ○…30歳を過ぎた頃には投稿もほとんどしなくなった。「妹夫婦に子どもが生まれて、甥や姪と遊ぶことが楽しくなってしまって」といたずらっぽく笑う。もう一度、創作に取り組むようになったのは2年前。創元ファンタジイ新人賞の創設を目にしたことがきっかけだ。「東京創元社はもともと大好きな出版社。そこが新人賞を募る、ということに気持ちが高揚しました」と振り返る。第1回では受賞を逃したものの、出版社から「ぜひ次も応募して欲しい」と言われ、20代のときに構想を練り上げた『宝石鳥』で再挑戦。見事新人賞を受賞した。

 ○…「働くなら好きなものに囲まれたところで」と、20年ほど勤めている地元の島森書店では、大型のポップが設置されるなど同僚からも応援を受けている。すでに次回作に取り掛かっており「エジプトをベースにしたものを1年後くらいに発表できれば。これからも色々な世界の物語を描いていきたい」と目を輝かせた。

鎌倉版の人物風土記最新6件

澤田 直人さん

「ジャパンブルワーズカップ」ピルスナー部門で優勝した鎌倉ビールの醸造士

澤田 直人さん

2月15日号

中村 未来 さん

市立第一小学校で「教室でアート展」と題した作品展を開いている

中村 未来 さん

2月8日号

高木 啓多さん

2月10日に深沢学習センターで「臨床美術」の体験教室を開催する臨床美術士

高木 啓多さん

2月1日号

三浦 徳人さん

腰越救難所の所長を務める

三浦 徳人さん

1月25日号

佐藤 和男さん

鎌倉剣道連盟の理事長を務め、このほど神奈川県体育功労者として表彰された

佐藤 和男さん

1月18日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月11日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者のサポーターに

高齢者のサポーターに

養成講座の参加者募集

2月19日~2月22日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク