鎌倉版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

妙本寺の第82世貫首に就任した 鈴木 日敬(にちきょう)さん 大町在住 55歳

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

「地域で親しまれる場所に」

 ○…鎌倉時代の1260年に創建され、日蓮宗最古の寺院として知られる大町の妙本寺。その第82世貫首(住職)に就任した。11月30日には同寺の開山、日蓮聖人に就任を奉告する晋山式を終えたばかり。「改めて身の引き締まる思い。伝統を守りながら、多くの人に親しまれる場所にしていきたい」と意気込みを語る。

 ○…東京都墨田区にある法性寺の長男として生まれたが「寺を継ぐことは考えていなかった」。早稲田大学法学部に進み「将来は司法試験でも受けようと準備していた」という。しかし進路選択の時期になると「幼い頃から身近に仏様がいた。自分を支えてくれた道へ進みたい」と思うように。卒業後、立正大学仏教学部で2年間学び、僧侶としての一歩を踏み出した。27歳の時には「1日7回の水行」「睡眠時間3時間未満」などその過酷さで知られる大荒行に挑んだ。「厳しい経験でしたが、極限に身を置くことで、自分の能力を知ることができた」と振り返る。その後も信徒の悩みや苦しみに向き合い、力不足を感じるたび荒行に身を投じ、33歳までに3回の「成満」を果たした。

 ○…実家の寺では、各地の寺院を巡る「お参りツアー」を企画するなど、地域住民と寺院とをつなぐ活動に取り組んできた。また46歳で東京東部の寺院をまとめる団体の責任者に就任すると、防災部を設立。任期満了の直前に東日本大震災が発生し、支援活動に奔走した。「緊急時、どうしたら不安と闘う人々の支えになれるのか。日頃から土台を固めることの大切さを改めて感じた」と話す。

 ○…現在は妻と3人の子どもを東京に残し「単身赴任中」。寂しさはあるが「憧れの場所だった」という鎌倉での生活を楽しんでいるという。「妙本寺ではこれまでも作品の展示会場として境内を開放するなど、地域の皆さんに門戸を開いてきた。お寺が皆さんの心に寄り添い、身近で頼られる場所になれば」と微笑んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク