鎌倉版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める 徳増 源七さん 笛田在住 54歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

「鎌倉をより良い街に」

 ○…創立50周年を迎えた、(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部。鎌倉市と逗子市、葉山町エリアで活動する193の不動産業者をまとめる支部長に就任して、4年目となる。「この業界の元気が継続するよう、今後は若手がもっと活躍できる機会を設けていきたい」と語る。

 ○…大船駅前で製菓店を営む両親のもとで生まれ育った。高校時代はギターにのめりこみ、大学ではバンド活動に熱中。卒業後は楽器店に就職した。ピアノの販売を担当したが「ほかの仕事も経験したい」と思うようになり、不動産業界へ。町田市にある会社で約2年、キャリアを積んだ。「自分の力量が直接結果に反映されるところが楽しかった」と当時を振り返る。その後、製菓店を継ぐために地元に戻ったが、折からの不況もあり、副業として行っていた不動産業へと徐々に事業をシフト。1997年に不動産専業となり、2000年に社名を「徳増不動産」に変更した。

 ○…「進学や就職、結婚など、不動産の契約は人生の大切な場面で発生する。一人ひとりの人生に寄り添うことができるのが、この仕事の好きなところ」という。商店街育ちという経歴を生かし、創業や経営のサポートにも力を入れてきた。また宅建協会が「クリーン&グリーンアクション」と題して行っている清掃活動でも先頭に立つ。「仕事を通じて大好きな鎌倉の街を、より多くの人に気に入ってもらえるよう頑張りたい」とほほえむ。

 ○…「やりたいことは何でもやる」がモットー。数年前まではマラソンに熱中し、最近はギターの腕前を買われて横浜市内のバーで定期的に弾き語りライブを行うなど、プライベートも充実した日々を過ごす。現在は妻と愛犬2匹との家族「4人」暮らし。「ある時、訓練競技会に出場したら、なんと入賞。支部長としての仕事がもう少し落ち着いたら、本格的に競技に挑戦したい」と朗らかに語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

原口 翔太郎さん

ビーチサッカーW杯ロシア2021大会で準優勝した

原口 翔太郎さん

山崎在住 34歳

10月22日号

渡邉 祐介さん

鎌倉市倫理法人会の新会長

渡邉 祐介さん

由比ガ浜在住 45歳

10月15日号

神川 明彦さん

鎌倉インターナショナルFCアドバイザー兼スクールメインコーチ

神川 明彦さん

台在住 55歳

10月8日号

柏木 豊司さん

鎌倉彫白日会の会長

柏木 豊司さん

66歳

10月1日号

横村 出(いずる)さん

「放下(ほうげ)小説佐橋ノ荘」を上梓した

横村 出(いずる)さん

由比ガ浜在住 59歳

9月24日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

大町在住

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook