鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した 吉田 鋼市さん 横浜市在住 70歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

「近代建築の魅力知って」

 ○…「三大洋館」とも言われる鎌倉文学館、旧華頂宮邸、古我邸をはじめ、市内に点在する50件の近代建築の歴史や特徴をまとめた『鎌倉近代建築の歴史散歩』を、このほど出版した。「ごまかしや手抜きは100年もたない。古い建築物が教えてくれる『嘘のない真実』との出会いをこの本を通じて楽しんでもらえたら」と笑顔を見せる。

 ○…兵庫県出身。美術表現に興味を持ち、上京して横浜国立大学建築学科で西洋建築史を専攻した。「当時は学生運動の最盛期。私も一時はボイコットに参加したものの、勉強したいという欲求に勝てずに講義に参加していたら、同級生から『裏切者』扱いされましたよ」と笑って振り返る。その後は京都大学やフランス留学を経て、母校である横浜国大で教鞭をとるようになった。

 ○…1982年、神奈川県から依頼されたのが、県内の近代洋風建造物の調査。他の市町村では、行政の担当者にベースとなる資料作成を任せていたが、件数が突出していた鎌倉は自身で調査することにした。さらに90年には鎌倉市からも景観重要建築物の調査を依頼され、最後の報告書が完成する2013年まで、30年以上にわたって鎌倉に通いつめる日々を過ごした。数ある鎌倉の近代建築のなかでも「お気に入り」は御成小講堂という。「施工には当時の実力ある大工が多く携わり行政が総力を挙げて作ったものと分かる。時代背景や当時の生活が垣間見えると、とてもわくわくするね」と朗らかに語る。

 ○…5年前に名誉教授となり、教壇は下りたが探究心は尽きない。学生結婚して以来、研究一筋の生活を支える妻からは「たまには鎌倉観光に連れていって」と言われるそうだが「まだまだ研究の途中。観光という気持ちになれないんだよなあ」と苦笑する。「いくつになっても新しいことを知る喜びがある。だから勉強はやめられない」と目尻にしわをよせた。

鎌倉版の人物風土記最新6

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

上岡 洋一郎さん

市内初の「夜回りラン」をスタートさせた市民団体「鎌倉ヘイセイズ」の発起人

上岡 洋一郎さん

材木座在住 29歳

8月23日号

山口 泰さん

鎌倉市医師会の会長に就任した

山口 泰さん

由比ガ浜在住 60歳

8月9日号

鈴木 隆太郎さん

8月25日(日)に鎌倉婦人子供会館でコンサートを開催するピアニスト

鈴木 隆太郎さん

扇ガ谷出身 28歳

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク