鎌倉版 掲載号:2018年3月2日号 エリアトップへ

鎌倉宮の宮司を務める 小岩 裕一さん 二階堂在住 45歳

掲載号:2018年3月2日号

  • LINE
  • hatena

地域に寄り添う神社に

 ○…市内二階堂の鎌倉宮は最近、フェイスブックを活用した積極的な情報発信、「悪縁を切り、災いを防ぐ」として盾をモチーフにした絵馬の採用、御朱印帳のリニューアルなどを次々と打ち出し、話題を呼んでいる。その仕掛け人が約1年前に宮司となったこの人。「伝統を受け継ぎながら、地域の方や参拝客に親しみをもってもらえるように、これからも知恵を絞っていきたい」とほほ笑む。

 ○…生まれ育った埼玉県深谷市は、源平合戦で活躍した畠山重忠の出身地。「坂東武士の『いざ鎌倉』の心意気など、常に鎌倉は身近に感じていた」という。歴史好きが高じて、国学院大学では神道文化学を専攻。卒業後は宮城県の大崎八幡宮で神職としての一歩を踏み出した。その後、千葉県の麻賀多神社などを経て、2008年に鎌倉宮へ。主祭神の護良親王は、以前から「憧れの存在だった」という。「悲劇的な最期ばかりがクローズアップされますが、自分の信念に基づいて逞しく清々しく生きた人。私とは違うタイプだから惹かれるのかな」といたずらっぽい笑みを見せる。

 ○…競技かるたをしていた叔母の影響で和歌に興味を持ち、学生時代は短歌研究会に所属。特に「美しい表現を極めた」新古今和歌集がお気に入りだ。同宮オリジナルのおみくじには、そのなかから、50首を選び掲載。「31文字に大きな世界、時間の流れがある」と魅力を口にする。

 ○…昨年、神社近くに居を移し、妻と2人で住む。「朝から晩まで生活の中に歴史の風景がある」と鎌倉での生活を満喫している様子。この1年を振り返り、「人々の幸せな瞬間に寄り添える。神職としてのやりがいを改めて感じています」という。休憩所を無料開放するなど、地域に開かれた場作りにも積極的に取り組んでおり、「祭神や祭事を大事にするとともに、神社が果たすべき役割をこれからも追及していきたい」と穏やかに語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク