鎌倉版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

長谷子ども会館 閉館へ 耐震性能不足が判明

社会

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
古代ローマ建築風の円柱を備える同館
古代ローマ建築風の円柱を備える同館

 市はこのほど、「鎌倉市長谷子ども会館」(長谷1の11の1)を4月28日(土)で閉館すると発表した。耐震診断の結果、大地震による倒壊の危険性が高いと判断した。保存活用については今後検討する。

 1908年(明治41年)に個人の別邸として建築された同館は、木造2階建て、延べ面積132・63平方メートル。古代ギリシャ・ローマ建築を思わせる円柱をバルコニーに備えるなど、クラシックな意匠が随所に見られる。明治期の面影をいまに残す貴重な歴史的建造物として、2006年には、国の登録有形文化財に指定されている。

 『鎌倉近代建築の歴史散歩』(吉田鋼市著、発行・港の人)によると、土地の所有権は36年(昭和11年)に、桑名出身の富豪の家系にある諸戸民和氏に相続され、長年にわたり「諸戸の洋館」と呼ばれていたという。

 80年(昭和55年)に鎌倉市に寄贈され、長谷子ども会館となった。1階に図書室やプレイルームを備え、子どもが自由に遊ぶことができる場所として、年間約1万人が利用している。

外壁が劣化剥落

 市青少年課によると、建築からおよそ110年を経た現在の建物には、老朽化により屋根のスレート材に激しい劣化が見られるほか、昨年10月に発生した台風の影響で、バルコニーや外壁の一部の剥落が顕著になっているという。

 そのため、市は地域の建築設計事務所と協力して1月から3月にかけ、耐震診断を実施。木造建築物の耐震性を示す指標である「上部構造評点」が、基準となる1・0を大幅に下回る(最小値0・16)ことが判明した。

 診断結果を受け、市は「大規模地震で倒壊する可能性が高く、利用者の安全確保を図る必要がある」とし、4月28日付での閉館を決めた。

 5月以降については、第一子ども会館(由比ガ浜2の9の13)、鎌倉子育て支援センター(由比ガ浜3の11の48)など近隣施設の利用を呼び掛けている。

 保存や活用について、市は「今後検討する」としているが、補強工事を行う場合は、国の登録有形文化財であることから、外観や内部の意匠を損なわない設計が必要との考えを示した。

鎌倉版のトップニュース最新6

部員が顧問の命救う

第一中バスケ部

部員が顧問の命救う 教育

胸骨圧迫、人工呼吸などで

7月23日号

障害者の社会進出後押し

鎌倉市

障害者の社会進出後押し 社会

条例制定し情報得やすく

7月23日号

前週比3.8倍に急増

鎌倉市内新型コロナ

前週比3.8倍に急増 社会

宣言下の1月に次ぐ多さ

7月16日号

五輪へ地元応援団結成

女子バレー島村春世選手

五輪へ地元応援団結成 スポーツ

腰越地区中心に200人

7月16日号

子どもも考える「動物愛護」

子どもも考える「動物愛護」 社会

小中学生が掲示板開設

7月9日号

倒木・がけ崩れ各地で

大雨被害

倒木・がけ崩れ各地で 社会

月平均2倍強の降水量

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter