鎌倉版 掲載号:2018年9月7日号 エリアトップへ

今年プロに転向した高校生ウインドサーファー 池照 貫吾さん 由比ガ浜在住 17歳

掲載号:2018年9月7日号

  • LINE
  • hatena

世界の波と風に挑む

 ○…潮風を帆に受け、自在に海上を滑走するウインドサーフィン。波を利用したジャンプや華麗な回転技など、技の難度と美しさを競う「フリースタイル」を中心に数々の大会に参戦し、世代のトップ選手として活躍する。高校3年になった今年4月、プロに転向。7月末にスペインで開かれた20歳以下のW杯では4位に入った。「ワクワクした一方、珍しく緊張してしまった。わずかな差で表彰台を逃し、悔しさはありますが、良い経験になった」と振り返る。

 ○…東京都出身。6歳のとき、家族で訪れたサイパンでウインドサーフィンを体験し「風と一体になる感覚」の虜になった。競技開始以来、特定の指導者につくことなく、上級者の技を観察しながら「独学で」腕を磨いてきた。「練習では捻挫や打撲などの怪我も多い。それでも気紛れな波や風を2本の腕で乗りこなしたときの快感が、心を捉えて離さない」と健康的に日焼けした笑顔で語る。

 ○…より充実した練習環境を求めて、高校入学と同時に鎌倉に転居。現在は多くのプロが集まる材木座や逗子を拠点とする。休日には朝8時から7時間近く練習に打ち込むことも。「都内に住んでいた頃は2時間近くかけて湘南まで来ていたが、今は海が目の前。目標とする先輩たちの技術を間近で見ることもできる。これ以上の場所はない」と充実した表情を見せる。

 ○…2年前から子ども向け体験会の指導員も始めた。「まだまだマイナーなスポーツ。子どもたちに競技の魅力を伝えたい」とプロとしての自覚も十分。高校卒業後はサーファーの聖地ハワイ・マウイ島のコミュニティカレッジへの留学を予定しており「来年のW杯ではさらに上位に食い込みたい」と意気込む。世界を見据えたその挑戦は始まったばかりだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

高橋 佳子さん

NPO法人ふぁみりぃの理事長に就任した

高橋 佳子さん

由比ガ浜在住 47歳

10月18日号

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

作家に学ぶ押し花アート

作家に学ぶ押し花アート

20人に無料で講習

11月26日~11月26日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク