鎌倉版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

「ジャパンブルワーズカップ」ピルスナー部門で優勝した鎌倉ビールの醸造士 澤田 直人さん 御成町在住 30歳

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

”一杯”に注ぐ熱き情熱

 ○…全国のクラフトビールメーカーがその技術を競う「ジャパンブルワーズカップ」(1月、横浜)のピルスナー部門で優勝を果たした「鎌倉ビール醸造(株)」(市内大町)。エントリーした「特別醸造ピルスナー」の製造を担った。審査は出品者などを明かさない状態で、現役ブルワー92人が行ったもの。「同業者から認められ、素直にうれしい」と笑みを見せる。

 ○…千葉県出身。中・高は剣道に打ち込み、高3で三段を取得。ただ部活一筋だった反動から、「卒業後にやりたいことがみつからなかった」という。アルバイトに汗を流していたある日、漫画『もやしもん』を読み「目に見えない世界で味が変わるなんて不思議」と発酵に興味を持った。21歳で専門学校に入学。酒や味噌などの製造を学んだ後、24歳で茨城県の酒造会社に就職し、日本酒の醸造士として働いた。そんな時、たまたまビアバーで出されたドイツ産「ラオホビール」に衝撃を受け「これを造ってみたい」と思うように。ホームページで見つけた鎌倉ビールに3年前、転職した。

 ○…普段、同社の工房では香り豊かなエール酵母を使うことが多いが、今回エントリーした「ピルスナー」は、ラガー酵母が原料。大規模な冷却設備が整っていないと醸造が難しいが「だからこそ勝負したい」と奮起した。冬の外気温を利用し発酵させるなど試行錯誤の末、製品が完成したのは大会の直前。「コクがあるけれどスッキリとした喉ごしになった」と自信に満ちた表情で語る。

 ○…忙しい日々の間にも「全国にビールを飲みに行くのが息抜き」という。「次のアイデアもたくさん浮かんでいる。『とりあえず一杯』イコール鎌倉ビール、になるくらい市民にとって当たり前のものにしたい」。その挑戦はこれからも続く。

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク