鎌倉版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

伝統芸能「荻江節」の演奏者で普及活動に努める 荻江 寿愼(じゅしん)さん(本名:竹村 眞さん) 由比ガ浜在住 38歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

「100年後も変わらぬ音を」

 ○…江戸時代の長唄をルーツにした三味線音楽の一つ「荻江節」。250年以上続く伝統芸能の継承者として、市内を拠点にライブやワークショップを行い普及に努める。3月2日には明王院で開かれるひな祭りイベントに参加。「敷居が高いと感じる人も多いと思いますが、子どもたちに三味線に触れてもらうなど、皆さんと一緒に楽しめる催しになれば」

 ○…荻江節家元の祖父と父に師事し、幼い頃から厳しい稽古をこなした。6歳の時、国立劇場で初舞台を経験。「会場の歓声は今も忘れられない」と振り返る。並行して才能が開花したのが競泳。「やれるところまでやれ」という祖父の言葉を受け、高3でバタフライ国体3位になるまで成長した。五輪出場も視野に入れていたが、大学1年の時に交通事故に遭い、1年間水中での練習ができなくなった。翌年復帰したものの、ライバルには大きく水を空けられ「夢が一気に崩れ去った」。水泳を辞め、大学も退学した。

 ○…落ち込んでいたある日、父に誘われ荻江節の舞台へ。久しぶりに目にした華麗な演奏に「かっこいい。自分もこれを極めたい」と気持ちが奮い立った。それからは1日8時間の猛稽古の日々。努力は実を結び22歳の時、祖父から「寿愼」の名前を許された。現在は歌舞伎座などでの舞踊公演で演奏を務め、当代一流の歌舞伎俳優とも数多く共演。それでも「一つひとつの舞台が勉強ですね」と謙虚に語る。

 ○…28歳で結婚し、2人の子宝にも恵まれた。2年前に由比ガ浜に稽古場を構え、弟子は約50人。忙しい日々だが、サーフィンが息抜きだという。「激しさはないが美しく心地良いのが荻江節。100年後も継承していくためにも積極的にまちに出向き、鎌倉市民に魅力を発信していきたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク