鎌倉版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

鎌倉商工会議所青年部(YEG)の会長に就任した 黒木 伸太郎さん 茅ヶ崎市在住 42歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

「変化恐れず挑戦続ける」

 ○…若手経営者らが集い、地域活性化や自己研さんに取り組んでいる鎌倉商工会議所青年部(YEG)の新会長に、このほど就任した。今年度の活動スローガンは「変わらない本質の中に、新しい変化を取り入れること」を意味する「不易流行」。「伝統を作ってきた先輩たちには敬意を払いつつ、時代の変化に応じたチャレンジを積極的にしていきたい」と力強く語る。

 ○…熊本県で生まれ、小学6年生の時に茅ヶ崎市へ。幼い頃から独立心は人一倍強く「いずれはボスになりたかった」と笑う。高校卒業後は調理師学校に進み、5年ほど働いた後、単身パリへ。「言葉もほとんど分からず苦労したけれど、同じような夢を抱いた同僚たちに囲まれ刺激を受けた」と振り返る。2年後に帰国し都内のレストランで勤務していた際、知人から紹介されたのが御成町の店舗。「不安もあったけれどチャンスだと思った」と28歳で独立し、フレンチレストランを始めた。

 ○…無我夢中で働いたが5年ほど経った頃、「もっと地域と接点が持ちたい」と思うように。そこで門を叩いたのがYEGだった。入会直後に東日本大震災が発生し、陸前高田などを視察。その経験から、被災地支援と地域活性化を目指すビールの祭典「オクトーバーフェスト」の立ち上げにも奔走した。「仕事だけでは絶対にできない経験をたくさん積めた。色々な縁がつながって、今では自信を持って鎌倉が『ホーム』だと言える」

 ○…2005年に結婚。中学1年生の息子と小学5年生の娘の父親となった今、思い出すのは51歳の若さで急逝した父の姿という。「昔気質の九州人で口数は多くなかったけれど、家庭で仕事の愚痴や誰かの悪口を言うことは絶対になかった。自分もそんな背中を子どもたちに見せられたら」

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町在住 68歳

7月19日号

久坂 くにえさん

鎌倉市議会議長に就任した

久坂 くにえさん

大船在住 46歳

7月12日号

河井 めぐみさん

稲村ガ崎のコミュニティスペース「IMAICHI」の発起人

河井 めぐみさん

極楽寺在住 35歳

7月5日号

山縣 美季さん

かながわ音楽コンクールのピアノ部門・ユースピアノ部門で2冠を達成した

山縣 美季さん

植木在住 17歳

6月28日号

菱伊 里緒さん

6月26日に開幕する「アジアテコンドー選手権大会」に出場する

菱伊 里緒さん

西鎌倉在住 15歳

6月21日号

片桐 聖子さん

「納涼うちわ2019」の絵柄を描いた画家

片桐 聖子さん

七里ガ浜在住 51歳

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハスの花、朝が見頃

大船フラセン

ハスの花、朝が見頃

5日間限定で7時開園

7月13日~7月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク