鎌倉版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

観光客数3年連続で減少 6年ぶり2000万人割れ

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市はこのほど、2018年1月1日から12月31日までの延入込観光客数が1987万人だったと発表した。17年の2042万人を約55万人下回り、前年比約2・7%減少。3年連続のマイナスで、2000万人を切ったのは12年以来、6年ぶりとなった。

 延入込観光客数は、各観光地や行事などに訪れた客数を毎年、県が調査するもの。明らかに地元住民の業務や休憩と認められる人は除かれる。市内では、有料施設8カ所からの報告と、無料施設4カ所で県が規定したカウント方法に基づき調査が実施された。

 施設別では、昨年4月にリニューアルオープンした県立大船フラワーセンターが、19万4750人で前年比142・2%。由比ヶ浜や材木座、腰越、稲村ヶ崎などを含む鎌倉市内の海岸では、冷夏だった一昨年と比べて14・9%増の190万1729人となった。

 一方で、鶴岡八幡宮が3・6%減の1042万9333人、銭洗弁財天が15・3%減の97万5314人、天園ハイキングコースが26・7%減の23万8353人といずれもマイナスとなった。県立近代美術館別館は、おととし9月から今年9月まで閉鎖中のため、今回調査からは除外された。

 市観光課は「夏の猛暑で社寺を訪れる観光客が減少し、冬は平均気温が平年を下回る日が多かったことが、全体的な減少につながったと考えられる。鎌倉海岸の増加は、観光客の自然景観に対する需要の高まりが伺われる」と分析している。

小町通りを歩く観光客ら
小町通りを歩く観光客ら

鎌倉版のトップニュース最新6

角野作品の魅力に迫る

鎌倉文学館

角野作品の魅力に迫る 文化

明日から展覧会

7月12日号

図書館にベンチ寄贈

花王(株)

図書館にベンチ寄贈 社会

詰め替えパックを再生

7月12日号

老舗スーパーが交流の場に

稲村ガ崎

老舗スーパーが交流の場に 社会

河井さん夫妻が発案

7月5日号

ビーチをバリアフリーに

由比ガ浜海水浴場

ビーチをバリアフリーに 社会

車椅子でも快適に利用

7月5日号

「妊婦歯科健診」スタート

鎌倉市

「妊婦歯科健診」スタート 社会

歯科医師会と連携

6月28日号

変わりゆく谷戸の姿記録

変わりゆく谷戸の姿記録 文化

「今昔探索の会」が冊子に

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハスの花、朝が見頃

大船フラセン

ハスの花、朝が見頃

5日間限定で7時開園

7月13日~7月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク