鎌倉版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

NPO法人ふぁみりぃの理事長に就任した 高橋 佳子さん 由比ガ浜在住 47歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

「お互い様」と言える街に

 ○…市民同士が有償で子どもの送迎や預かりを行う「ファミリーサポートセンター」の運営を担うNPO法人ふぁみりぃの理事長にこのほど就任。「昔と比べ、困っていても地域内で助け合える環境がない人も多い。今の時代に合った、顔の見える関係を作り出していきたい」と使命感に燃える。

 ○…鳥取県出身。大学での学びを仕事に生かそうと、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得。現在は藤沢市の学校などでスクールソーシャルワーカーとして児童福祉の課題解決や生活相談等を行っている。ふぁみりぃに携わるようになったのは2年前。近年、産後うつや福祉の支援が必要な家庭などが増加。専門的な知識と豊富な実務経験を買われ、理事として活動に助言をしてきた。「ファミサポの料金は1時間700円。最低賃金より安くても家計が苦しく利用できない家庭もある。人付き合いが苦手で気軽にお願いができない人もいる。新しいニーズに合わせた支援の形を探らないと」

 ○…小・中・高校生の3人の子がおり、自身も子育て真っ只中。叱る声がつい大きくなり、近所の人を心配させてしまったこともある。「専門職と母親、両方の立場がよくわかるからこそ、経験を生かして、『お互い様』と助け合える街をつくりたい」。目指すのは、何でも気軽に相談できる「よろず相談おばさん」だ。

 ○…約10年前、子どもの故郷となる場所を求め転居したのが「道行く人がニコニコしている幸せそうな街」鎌倉だった。過去には御成通りでコミュニティカフェを運営。現在は、多世代交流の食事の場を開く「ふらっとカフェ鎌倉」の副代表も務めている。「忙しいけれど、自分の暮らしたい街を目指した活動なので、自分のためでもあるんですよ」と目を細めた。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク