鎌倉版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事 五十嵐 めぐみさん 大船在住 42歳

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena

「子育てを楽しみ、輝いて」

 ○…今週末、大船仲通商店会で開催される「大船ハロウィンウォーク」。子どもたちに海外文化を体験してもらうとともに、地元の商店を知ってもらおうという取り組みを、昨年に続いて企画した。「地域で顔の見える関係をつくるきっかけになれば」とほほ笑む。

 ○…福島県出身。13年前に結婚し、大船へ転居した。長男の出産を機に退職。子の成長は嬉しい半面、近くに友人もおらず「社会との断絶」を感じた。それを解消してくれたのが、子連れで参加できる外国人らとの国際交流活動だった。「大学時代に国際政治を学んだこともあって活動は楽しく、友人もできた。やっと社会とのつながりができたように感じた」

 ○…一方で同じ思いを抱えている母親が多いことに気付く。「『誰かの役に立ちたい』という思いや語学力などの高いスキルがあるのに、発揮の場がない、子育て中という理由でそれを生かせない。ママがもっと輝けるように応援ができたら」。共感してくれたママ友と2012年に団体を設立し、英会話教室やワークショップなどを開催。「子連れで働く」ロールモデルを目指し、運営メンバーも親子で参加してきた。今年5月にはNPO法人化し、新たなスタートを切った。「意外にも鎌倉には親子向けの国際交流の場は少なく、告知をすればすぐに参加者が集まった。需要が高かったことも嬉しかった」

 ○…近年、参加者の「働くママ」率が急増。自身も、長男が中1、長女は小3になったこともあり、5月から時短勤務で働き始めた。「働くママの『リアルな声』を聞くことで新たな気付きもたくさんあった。パパ向けの親子企画を作れば、ママの休息時間にもなるな、とか。働く大変さの中でも、子育てを楽しめるような活動をしていきたいです」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク