鎌倉版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

祖母の生き方を例に、終末期の医療福祉連携体制を考える催しを開く 櫻井 純子さん 岩瀬在住 42歳

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

祖母からの学び、地域へ

 ○…庭に咲く季節の花や実をつけた柑橘類を縁側から眺め、冬は掘りごたつでウトウト。「さっちゃん」こと祖母・山本幸子さんが望んだのは、穏やかな自宅での日々を最期まで送ることだった。専門家の力を借りながら、父と共にその願いを実現した経験を基に、終末期の医療福祉について考える催しを祖母宅であす開催する。「最期を迎える場所は、病院や施設だけじゃない。支援を活用すれば、自宅でという願いも叶えられる」

 ○…岩瀬で生まれ、短大卒業後、看護師に。旅行先のカンボジアで知識不足によるHIV感染率の高さを知り、「いつかアジアで健康教育を」という夢が生まれた。28歳で保健師の資格を取得。最初の勤務地に選んだのが沖縄の離島・与那国島だった。「別の島の病院に行くのに時間もお金もかかり、体制が十分でない場所。その分やりがいもあった」と振り返る。

 ○…「共働きの両親に代わって、幼い頃から世話をしてくれたのが祖父母でした。学校行事にも来てくれて」。そんな祖母が4年前、病に。入院と施設入所を経験したが、祖母が望んだのは「自宅へ帰ること」だった。だが、希望を伝えても入院を前提とした話しかされず、疑問と憤りを感じた。一人暮らしの祖母を支えるため、仕事を辞め、実家に戻り、在宅支援を活用しながら、祖母宅を開放し、地域との交流の機会を設けた。

 ○…今年5月、祖母は息を引き取った。「最期まで色々なことを学ばせてもらった」。3年前から続く祖母宅での催しは続けているが、大学院の論文執筆が佳境のため、月2回で精一杯の状態。「一時は貸家にと思ったけれど『地域のために残したら』という声があって。愛着を持って活用してくれる人が増えたら嬉しい」とほほ笑んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク