鎌倉版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

祖母の生き方を例に、終末期の医療福祉連携体制を考える催しを開く 櫻井 純子さん 岩瀬在住 42歳

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

祖母からの学び、地域へ

 ○…庭に咲く季節の花や実をつけた柑橘類を縁側から眺め、冬は掘りごたつでウトウト。「さっちゃん」こと祖母・山本幸子さんが望んだのは、穏やかな自宅での日々を最期まで送ることだった。専門家の力を借りながら、父と共にその願いを実現した経験を基に、終末期の医療福祉について考える催しを祖母宅であす開催する。「最期を迎える場所は、病院や施設だけじゃない。支援を活用すれば、自宅でという願いも叶えられる」

 ○…岩瀬で生まれ、短大卒業後、看護師に。旅行先のカンボジアで知識不足によるHIV感染率の高さを知り、「いつかアジアで健康教育を」という夢が生まれた。28歳で保健師の資格を取得。最初の勤務地に選んだのが沖縄の離島・与那国島だった。「別の島の病院に行くのに時間もお金もかかり、体制が十分でない場所。その分やりがいもあった」と振り返る。

 ○…「共働きの両親に代わって、幼い頃から世話をしてくれたのが祖父母でした。学校行事にも来てくれて」。そんな祖母が4年前、病に。入院と施設入所を経験したが、祖母が望んだのは「自宅へ帰ること」だった。だが、希望を伝えても入院を前提とした話しかされず、疑問と憤りを感じた。一人暮らしの祖母を支えるため、仕事を辞め、実家に戻り、在宅支援を活用しながら、祖母宅を開放し、地域との交流の機会を設けた。

 ○…今年5月、祖母は息を引き取った。「最期まで色々なことを学ばせてもらった」。3年前から続く祖母宅での催しは続けているが、大学院の論文執筆が佳境のため、月2回で精一杯の状態。「一時は貸家にと思ったけれど『地域のために残したら』という声があって。愛着を持って活用してくれる人が増えたら嬉しい」とほほ笑んだ。

鎌倉まめや

新年は元旦より営業。定番と季節限定品を常時70種取り揃え。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

西川 史晃さん

南米大陸最高峰アコンカグアの登頂に成功した登山家

西川 史晃さん

稲村ガ崎在住 37歳

2月7日号

野口 雅章さん

写真集「江ノ電305」を発刊した

野口 雅章さん

極楽寺在住  59歳

1月31日号

廣田 善幸さん

鎌倉バレーボール協会会長でこのほど神奈川県体育功労者として表彰された

廣田 善幸さん

藤沢市在住 73歳

1月24日号

光成 佳世さん

深沢中学校の通学路「危険マップ」を発案した

光成 佳世さん

梶原在住 42歳

1月17日号

大田 裕多佳さん

県私立学校教育功労者表彰を受賞した学校法人早見芸術学園の理事長

大田 裕多佳さん

小町在勤  65歳

1月10日号

牧田 芳明さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

牧田 芳明さん

由比ガ浜在住 39歳

1月1日号

鎌倉の初詣は電車・バスの利用を

交通規制日12/31午後11時~1/1午後5時、1/2・3午前9時~午後5時

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/index.html

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

12月20日~31日まで毎日営業! 28日~31日は午前8時開店!!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク