鎌倉版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

建長寺の宗務総長に就任した 長尾 宏道さん 栃木県出身 63歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

地域に必要とされる場に

 ○…大本山建長寺・臨済宗建長寺派の宗務総長に昨年12月、就任した。職員が日ごろの業務で気づいた改善点を投稿できる「意見箱」の設置や接遇研修の開催など、さっそく新たな取り組みを進める。「誰もが意見を言える風通しの良い組織にして、建長寺をより地域と社会から必要される場所にしていきたい」

 ○…栃木県佐野市出身。「鉢の木」の逸話で知られる佐野源左衛門の菩提寺・願成寺に生まれた。「本当は跡を継ぐつもりはなかった」が、高校生の時にかけられた一言が人生を変えた。「檀家回りをしていたらあるおばあさんから『お寺はもともとみんなが集まる場所だった。あなたがお坊さんになったらそういうお寺にしてね』と言われ、目からうろこが落ちた気がした。それなら自分がやる意味があるんじゃないか、って」

 ○…大学を卒業後、建長寺での修行を経て実家に戻ると、人口減で落ち込む地域を盛り上げようと商店主らと日曜朝市を企画し、人気イベントに。地元で出土した古い人骨にちなんで始めた「くずう原人まつり」は、佐野三大祭りの一つとして今なお多くの人出で賑わう。「仲間とは毎日夜遅くまで議論した。白熱しすぎて喧嘩していると思われたことも。それだけ真剣だったから一人ひとりが成長し、それがまちの活性化につながった。建長寺でも同じような『人づくり』ができたら」

 ○…自宅に戻れるのは週1日ほど。昨年の台風で大きな被害を受けた故郷が気がかりだが、今は新たな大役に全力を傾ける。本堂や仏殿の改修、2028年に控える「開山大覚禅師750年遠諱」に向けた準備など、課題は多い。「今後30年、50年先を見据えた事業を展開していきたい」と口元を引き締めた。

鎌倉版の人物風土記最新6

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

春吉 陽子さん

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する

春吉 陽子さん

山崎在住 41歳

11月6日号

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク