鎌倉版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

今春、鎌倉市観光課に新設された「大河ドラマ オーバーツーリズム」担当に配属された 石川 雅之さん 腰越在住 63歳

文化

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「歴史と文化の魅力知って」

 ○…2022年に放送が決定したNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。市観光課内の大河ドラマ担当として、番組後半に紹介される鎌倉名所の選定や関連グッズを販売するドラマ館の開設など、多くの課題と向き合う。「武家社会の礎を築いた義時を通して、鎌倉の深い歴史をたくさんの人に知ってもらえれば」

 ○…東京都港区高輪生まれ。成城大学入学後は、万葉集研究に明け暮れた。その時、師事したのが、新元号「令和」の考案者とされる中西進氏だった。学者を目指していたが、「未来を担う子どもに文学の魅力を伝えたい」と30歳で教員の道へ。腰越に居を構え、国語教諭として、七里ガ浜高校や平塚江南高校、最後は鎌倉高校で副校長を務めた。教育のモットーは「自分が教材になること」。学級通信に映画や音楽、小説についての思いを書き続け、生徒と感動を共有した。離任式の夜、100人を越す教え子が自宅に集まり祝ってくれた。「人生最高の瞬間だった」と振り返る。

 ○…2年前、鎌倉に関する文化コンテンツを発信する市の職員公募に応募。文化人権課の課長として採用され、第二の人生を歩み始めた。「万葉集」など古典文学を集めた「鎌倉仙覚文庫」の開設など市制80周年イベントの企画運営に尽力。市観光協会と協定を結び、映画やドラマの撮影の依頼に協力する「フィルムコミッション」を近日中に発足させる予定だ。

 ○…息子2人は独立、今は妻と愛猫と暮らす。50歳の時、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が立ち上げたネット新聞に映画や演劇のレビューを書き始めた。鋭い切り口が評判を呼び、東京国際映画祭で選考委員を任されたことも。「私にとって文化や歴史に触れることは生きる上で必要不可欠。今後も愛し続けたい」
 

鎌倉版の人物風土記最新6

西山 國正さん

JAさがみの代表理事組合長に就任した

西山 國正さん

藤沢市在住 69歳

7月3日号

石川 雅之さん

今春、鎌倉市観光課に新設された「大河ドラマ オーバーツーリズム」担当に配属された

石川 雅之さん 文化

腰越在住 63歳

6月26日号

石川 勝己さん

NPO法人鎌倉市市民活動センター運営会議の理事長に就任した

石川 勝己さん

城廻在住 76歳

6月19日号

濱岡 朝子さん

鎌倉市観光協会が販売する「2020納涼うちわ」の絵柄を手掛けた

濱岡 朝子さん

藤沢市在住 47歳

6月12日号

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク