鎌倉版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

生活者としての姿も展示 鎌倉文学館で特別展

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
展示資料の一例
展示資料の一例

 鎌倉文学館では、創作者として生活者として鎌倉で20年余りを過ごした井上ひさしの没後10年を記念し、初の特別展「井上ひさし、鎌倉の日々」を開催している。

 第1部では、緑地保全運動や憲法問題などに力を注いだ「生活者」としての活動を、平成史とともに紹介。第2部では、鎌倉で小説「東慶寺花だより」「一週間」、戯曲「父と暮せば」「ムサシ」「組曲虐殺」など、多くの小説・戯曲を発表した「創作者」としての活動を紹介する。

 同館では「原稿や創作にまつわる資料のほか、彼のエッセイや小説、戯曲など、作品中の言葉も味わいながら、2つの視点で鑑賞できます。最後の戯曲『組曲虐殺』で小林多喜二に『あとにつづくものを信じて走れ』と歌わせた井上。彼が『あとにつづくもの』のために魂を込め紡いだ言葉の数々は、この未曾有の困難の中で生きる私たちを、なぐさめ、そして立ち向かう勇気を与えてくれます」と話す。

 同展は8月23日(日)まで。入館料は一般500円。時間は午前9時から午後4時まで(入館は3時30分まで)。8月10日(月)を除く月曜日休館。

 (問)同館【電話】0467・23・3911

井上ひさし(撮影:落合高仁)
井上ひさし(撮影:落合高仁)

鎌倉版のローカルニュース最新6

例大祭も「新しい様式」で

鶴岡八幡宮

例大祭も「新しい様式」で 社会

参列者限定、神輿は車で巡行

9月18日号

女優・原節子と山口淑子

女優・原節子と山口淑子 文化

川喜多映画記念館で特別展

9月18日号

「学生生活の思い出を」

「学生生活の思い出を」 文化

深沢ワン・パークで企画

9月18日号

精進料理通じ、学ぶ「食」

精進料理通じ、学ぶ「食」 文化

鎌倉彫会館で講座

9月18日号

愛称「ミライ」に

愛称「ミライ」に 社会

えのすいのバンドウイルカ

9月18日号

「両親への思い手紙にしよう」

「両親への思い手紙にしよう」 文化

28日まで紙で伝える展

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク