鎌倉版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

生活者としての姿も展示 鎌倉文学館で特別展

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
展示資料の一例
展示資料の一例

 鎌倉文学館では、創作者として生活者として鎌倉で20年余りを過ごした井上ひさしの没後10年を記念し、初の特別展「井上ひさし、鎌倉の日々」を開催している。

 第1部では、緑地保全運動や憲法問題などに力を注いだ「生活者」としての活動を、平成史とともに紹介。第2部では、鎌倉で小説「東慶寺花だより」「一週間」、戯曲「父と暮せば」「ムサシ」「組曲虐殺」など、多くの小説・戯曲を発表した「創作者」としての活動を紹介する。

 同館では「原稿や創作にまつわる資料のほか、彼のエッセイや小説、戯曲など、作品中の言葉も味わいながら、2つの視点で鑑賞できます。最後の戯曲『組曲虐殺』で小林多喜二に『あとにつづくものを信じて走れ』と歌わせた井上。彼が『あとにつづくもの』のために魂を込め紡いだ言葉の数々は、この未曾有の困難の中で生きる私たちを、なぐさめ、そして立ち向かう勇気を与えてくれます」と話す。

 同展は8月23日(日)まで。入館料は一般500円。時間は午前9時から午後4時まで(入館は3時30分まで)。8月10日(月)を除く月曜日休館。

 (問)同館【電話】0467・23・3911

井上ひさし(撮影:落合高仁)
井上ひさし(撮影:落合高仁)

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク