鎌倉版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える 藤井 まりさん 稲村ガ崎在住 73歳

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena

食の意味と大切さ伝えたい

 ○…稲村ガ崎の丘の上、緑に囲まれた自宅で「禅味会」と名付けた精進料理塾を開いている。国内外を飛び回り、年間100日ほどを海外で過ごすことも。「今年はコロナ禍で出張が少ない分、禅寺も多い地元鎌倉で、精進料理の精神と魅力を伝えていけたら」

 ○…大阪で働いていた時に修行中の僧侶だった夫・宗哲さんと知り合い、結婚。鎌倉に移り住み、自身は塾講師として働き、夫は建長寺で料理を担う「典座(てんぞ)」を務めた。編集者でもあった夫が精進料理辞典を執筆した際、「教わりたい」という声がかかり、教室を開くことに。「私自身は元々料理は好きではなくて」と笑う。当初は夫を手伝う程度だったが、実践で学び、教えることも徐々に増えていった。

 ○…夫が執筆活動に専念するため、講師役を交代。14年前、夫が他界した後も1人で切り盛りしてきた。「気付けば教室を開いて36年。あっという間」。仏教を本格的に学んでいないため、「私が教えていいのか」と戸惑ったこともある。「でも、大半の人は自分や家族の健康のため、家で食べる前提で訪れる。だから私は、精進料理は心が大切な『まごころの料理』であること、家庭で生かす方法を伝えようと思った。ゴマをするのが大変ならペーストを使っていい。忙しい現代だから合理的にね」

 ○…作務衣が定番スタイル。早稲田大学のワンダーフォーゲル部で山歩きに打ち込んだこともあり、坂道と階段の続く自宅までの足取りは軽やかだ。7月に始めた鎌倉彫会館のカフェ倶利での講座は、鎌倉彫の器で料理が味わえることもあり好評で、来月には2回目を開催する。「心と体はひとつという仏教の『心身一如』の教え、毎日の食の意味と大切さも伝えていきたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク