鎌倉版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した 吉倉 正司さん 横浜市在住 58歳

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

「経験生かし地域盛り上げたい」

 ○…「鎌倉の玄関口」JR鎌倉駅の駅長に11月1日付で就任した。コロナ禍により一時は前年の4分の1にまで落ち込んでいた利用者も10月は約8割にまで回復。「少しずつ人出が戻ってきていてホッとしました」と笑顔を見せつつも「まずはお客様の安全・安心が第一。感染症対策にもしっかり取り組みたい」。

 ○…出身は新潟県。当時の国鉄に入社したのは「親戚に職員がいたからなんとなく」。思い描いていた「安定した職場」は数年後、分割民営化の荒波にさらされる。「求められたのは『自ら稼ぐ』こと。考えられることは何でもやりました」。朝の通勤電車で車内販売を行ったり、当時働いていた東京駅で企画した構内コンサートには、合唱団の一員として自ら出演したことも。「厳しい環境だったけれど、やろうと思えば何でもできた。充実していましたよ」と振り返る。

 ○…その後は旅行部門で商品企画や旅館、ホテルとの折衝を担うなど、様々な業務を経験。「今でも付き合いのある取引先もいる。社外とのつながりが多い仕事を経験してきたことが自分の財産。このタイミングで来たのも何かの縁なので、鎌倉に行ってみたい、と思わせるような企画を地域の皆さんと力を合わせて考えていけたら」

 ○…結婚を機に妻の実家のある横浜市に居を構えた。子どもは一男一女。関内駅の助役を務めていた頃、ベイスターズの応援のために何万人もの人々が訪れることに圧倒され「自然と試合結果が気になるようになった」という。今年からメジャーに挑戦中の筒香選手の動向もチェックするなど、今ではすっかり同チームのファンだ。最近は体力づくりを兼ねたハイキングも楽しむ。「落ち着いたら寺社仏閣など鎌倉散策をしてみたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク