鎌倉版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた 鮎沢 尚(ひさし)さん 笹目町在住 44歳

コミュニティ

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

新たなメディア鎌倉から発信

 ○…「ご近所さん」同士がネットでつながり、互いに必要な情報を共有する―。こんな仕組みを目指す地域メディア「サンライズ鎌倉」を立ち上げた。現在はフェイスブックによる情報発信のほか、子育て世代を対象としたイベントを多数企画。今月27日にもベテラン助産師を招いた相談会をオンライン開催する。「鎌倉の人にとっての『情報のプラットフォーム』になれたら」

 ○…2001年に朝日新聞社に入社し、広告局を経て08年から2年間、神戸で記者として地域を駆け回った。痛感したのはメディアと情報の変化。「火事と聞いて現場に駆けつけても消火された後。でもネットにはその場にいた人が撮った写真が上がっている、ということがよくあった」

 ○…そんなある日、知人にアメリカ人ジャーナリストのジェフ・ジャービス氏の著書を薦められ衝撃を受けた。18年1月には氏が教鞭をとるニューヨーク市立大学大学院に入学。半年間、世界中から集まったジャーナリストたちと意見を交わしながら、新たな地域メディア実現に向けた戦略を練った。帰国後、社内スタートアップ制度に合格。今年7月から新事業の専属となった。「先日、保育園の申請書類の書き方をテーマにした保護者の交流会を開催したところ、参加者同士が知っていることを教え合う姿があった。例えそれぞれの情報はわずかでも、それを持ち寄れば大きな知恵になる」と手ごたえを感じた様子。

 ○…2年から鎌倉に住み、一男一女の子育て真っ最中。「使わなくなったからと近所の人がベビーベッドを譲ってくれたこともある。人と人のつながりが強い鎌倉だからこそ、これまでにないメディアの形を作れるはず。それを全国へと発信していきたい」
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク