鎌倉版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

現代音楽の作曲家として国内外で活動する 久田 典子さん 笛田在住 57歳

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena

音と向き合い世界に届ける

 ○…室内楽からオペラまで多彩なジャンルの作品を発表し、国内外で高い評価を受ける。昨年、CDがリリースされた『神話の国の心象風景』は、二十絃箏の奏者・吉村七重さん率いる演奏家グループのため各国の神話を題材に2015年から書き続けてきたシリーズ。『レコード芸術』誌でも特選盤に選出された。「吉村さんの依頼は『聞く人も弾く人も元気になる音楽』。図らずも今の時代に合うものになった気がします」

 ○…4歳でピアノを始めたが「演奏より頭に浮かんだメロディを楽譜に書き留める方が好きだった」。東京音大に進み、三枝成彰氏や湯浅譲二氏に師事。1991年、スイスで行われた音楽祭で入選を果たすと、この時、会場で自身の曲を演奏した同国の楽団から作品の委嘱があり、今も関係が続く。「彼らは常に一音一音を大切に演奏してくれる。本当に出会いに恵まれました」

 ○…作曲活動と並行し、母校・東京音大で教鞭をとる。今はリモートでの授業を余儀なくされており「動画編集などしたこともなかったのに、講義のビデオを作らなくてはいけなくなって大変です」。それでも後進の指導にかける思いは強い。「苦手だった分野で突然いい作品を書くようになったり、学生の成長を目の当たりにできることがなによりうれしい」

 ○…夫と愛犬くるみとの「3人暮らし」。船が好きで2年前には船舶免許も取得した。「幼いころ由比ガ浜で育って毎日海を見ていたからかな」と笑う。コロナ禍で活動は大きな制限を受けるが、自らと向き合い理想の響きを追求する歩みは変わらない。「表現という行為は私的なものですが、生み出した音楽から誰かが何かを感じてくれるのであれば、それはやはり大きな喜びですね」

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク