鎌倉版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

鎌倉国宝館の館長に就任した 山本 勉さん 海老名市在住 67歳

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena

「新しい価値」求め続けて

 ○…仏師・運慶研究の第一人者が4月から、鎌倉国宝館の館長に就任した。「学生時代からよく来ていた場所ですし、大きな責任を感じています」と語る。

 ○…横浜生まれ。絵を書くことが好きで「大学で美術を学んで、ゆくゆくは漫画家に」と将来像を描いていた。中学の時、意を決して石ノ森章太郎氏の事務所を訪ね、作品を見せたことがあった。石ノ森氏は「いいね」と言ってくれたが、主人公の内面を描いた暗いストーリーに、居合わせた赤塚不二夫氏から「中学生がこんな漫画を描いちゃいかん」と言われたという。ショックを受けたものの、見ず知らずの子どもにも真剣に怒る姿に「この人にはかなわない、と漫画家の夢を諦めることができた」。

 ○…東京藝術大学に進み、美術史を学んだが「絵画や彫刻など自ら作品を生み出す人にコンプレックスがあった。私は何をやってるんだろうと、酒ばっかり飲んでいた」と振り返る。転機は大学2年の秋。調査のために赴いた奈良で、運慶の作品に出会った。「仏像を調べ、記録し、発信する。そのことに自らの価値を見つけることができた」。その後は東京国立博物館や清泉女子大学に勤務しながら、講演や執筆活動を通じて昨今の仏像ブームをけん引してきた。

 ○…「今でこそ運慶は多くの人に知られているが、それ以前に長い研究の蓄積があった。知られていないものに光を当てるのも学芸員の仕事」と話し、後輩の研究者には「今は無名なものでも、自分で新しい価値を見つけ世に広めてほしい」とメッセージを贈る。気分転換の方法を尋ねると「仕事かな」と、家でも研究や執筆に没頭する。「体が動く限りは、若い人と一緒に研究がしたい」と笑った。

鎌倉版の人物風土記最新6

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

4月1日付で新江ノ島水族館の館長に就任した

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

藤沢市在住 52歳

5月14日号

堀 明子(めいこ)さん

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する

堀 明子(めいこ)さん

梶原在住 57歳

5月7日号

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter