鎌倉版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家 中村 恒克(つねよし)さん 横浜市在住 35歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

古きを学び未来に伝える

 ○…長谷寺の本尊「十一面観世音菩薩」が今年、造立から1300年となるのを記念して、造立当時の姿を再現した「絆観音菩薩像」を手掛けた。「コロナ禍のなか、お像の前で少しでも心が落ち着く時間を持ってもらえれば」と話す。制作期間は約1年。仕上げは照明など安置される場所と同じ状況にして、表情を確認しながら細部を彫り上げ、目線も拝観者の位置に合わせた。

 ○…美術の道を志したのは高校1年の夏。母の勧めで美術予備校に通いだした。「もともと絵を描くことが好きで、よく家族や友だちをモデルにして喜ばれていた。その楽しさがよみがえってきて、作品を作りたいという思いが強くなった」

 ○…東京藝術大学彫刻科に進んだ当初は、西洋彫刻を作りたいと思っていたが、ある時、授業で仏像を見て「あっ、これも立体造形だ、と気づき、それまでの信仰の対象から作品という視点も加わった」という。卒業制作では国宝の仏像を模刻。「技術だけでなく、発想や大胆さ、繊細さといった制作当時の感覚に近づきたくて」と何度も京都や奈良に通った。

 ○…大学院を卒業後、「中村彫刻」を開業。「食べていけるか心配だったが、どうしても彫刻で独り立ちしたかった」と、学生時代に簿記も取得した。現在は大学の同級生だった妻と3歳の娘とともに暮らす。「娘はアトリエに遊びにくるけれど、美術が好きかどうかは分からない。好きなことをやってほしい」と目を細める。

 ○…彫刻と共に文化財保存修復にも力を入れる。修復作業を「いにしえの英知を学び、それを未来へ届ける仕事」という。今年2月に横浜高島屋で個展を開催。「3、4年後には新作の仏像もお披露目したい」と意欲的に語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

今井 亜由奈さん

走幅跳でインターハイに出場する

今井 亜由奈さん

手広在住 17歳

7月23日号

河辺 匡太(きょうた)さん

来訪者を地域でおもてなしするKinaVillage(カイナヴィレッジ)の村長

河辺 匡太(きょうた)さん

稲村ガ崎在住 51歳

7月16日号

石渡 孝二さん

鎌倉ガイド協会の新会長

石渡 孝二さん

80歳

7月9日号

前島 仁さん

環境省から表彰を受けた湘南・省エネネットワーキングの代表を務める

前島 仁さん

津在住 73歳

7月2日号

平沼 香菜子さん

鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・寒川の3市1町の社労士が所属する県社会保険労務士会藤沢支部長に就任した

平沼 香菜子さん

藤沢市在住 48歳

6月25日号

小林 三千世さん

神奈川県行政書士会鎌倉支部の支部長に就任した

小林 三千世さん

材木座在住 56歳

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter