鎌倉版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

大船警察署の署長に就任した 向井 洋さん 大船在住 53歳

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

支えあう気持ちを大切に

 ○…大船署の署長に今年3月就任。管内の印象は、「商店が並ぶ大船エリアと、自然や寺院が散在し歴史感じる北鎌倉エリア。街並みがまったく違っても、共通するのは落ち着いた雰囲気」。「地域のさまざまな人や団体と協力しながら、安全で安心できる街づくりを目指していきたい」と抱負を語る。

 ○…横浜市泉区の出身。結婚を機に平塚市で暮らしているが、春に初の署長となり、官舎と呼ばれる公務員社宅で単身赴任生活をスタート。「とにかく炊事をするのが大変」と毎日の家事に追われている。休日の日課はランニングで、大船署管内を1日6〜8Km走り、身体を鍛えている。「アップダウンが多くてきつい」と感じながらも、街並みや自然の雰囲気が良く、気持ち良く走っているという。ただし、「自炊のことで頭がいっぱい」のため、ランニングは休日限定にしている。

 ○…警察官を志すきっかけとなったのは、刑事ドラマ『太陽にほえろ』。刑事が犯人を捕まえる姿に憧れた。警察官になってからは、大きく報道された重大事件に携わったことも。「ドラマのように1時間で犯人は捕まらないよね」と苦笑いしながら、これまでの経験を回顧する。

 ○…地域の課題と感じているのは、特殊詐欺への対策強化。「お金を奪われるだけでなく、精神的ダメージも大きい。魂を殺す悪質な犯罪」と恐ろしさを訴える。今年4月には、犯罪抑止キャンペーンを大船駅で実施。今後も犯罪防止の取り組みや啓発活動を積極的に進め、特殊詐欺の撲滅に注力していく。また先日の大船まつりでは、「地域の人が協力的で温かみを感じた」と振り返る。地域の人と手を取り合いながら、安心できる街づくりを目指していく。

鎌倉版の人物風土記最新6

齋藤 克希さん

一般社団法人サステナブル推進協会「NAMIMATI」を発足する

齋藤 克希さん

稲村ガ崎在住 24歳

6月24日号

五味 俊哉さん

60周年を迎えた鎌倉交響楽団のコンサートマスターを務める

五味 俊哉さん

岩瀬在住 53歳

6月17日号

白井 正和さん

第64回鎌倉市陸上競技選手権大会の一般男子5000mで優勝した

白井 正和さん

植木在住 55歳

6月10日号

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

鎌倉市観光協会の「納涼うちわ」を デザインした

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

梶原在住 56歳

6月3日号

向井 洋さん

大船警察署の署長に就任した

向井 洋さん

大船在住 53歳

5月27日号

石井 久和さん

鎌倉インテルの総合型地域スポーツクラブの代表を務める

石井 久和さん

大磯町在住 44歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook