神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

鎌倉湘南地区のコンソーシアムサポーターを務める 杉内 重太さん 西鎌倉在住 72歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

つなぎ役は陰ながら

 ○…神奈川県立高校で、毎年夏休みに実施されるインターンシップ。希望する生徒と受け入れる事業者をつなぐ、鎌倉湘南地区の「コンソーシアムサポーター」を務める。鎌倉市、藤沢市、茅ケ崎市、寒川町の県立高校17校に通う生徒約1万3千人が対象で、事務局は2年ごとに移動。今年4月から大船高校に拠点を置き、「できることは限られているけれど、参加して良かったと思ってもらえるように」と陰でバックアップする。

 ○…65歳まで都内の商社に勤め、退職後に「地元で何かお手伝いができれば」とサポーターに志願した。これまでに深沢高、藤沢西高、茅ケ崎西浜高で事務局を各2年務め、今年が就任7年目。インターンシップは、夏休み期間中の半日〜5日間で行われ、約500人の生徒が参加する。一番忙しい時期は4〜5月で、事業者への依頼と日程調整に奔走。約120の事業者が受け皿となり、生徒の希望とマッチングさせていく。

 ○…実習後のアンケートで、参加生徒の9割以上が「進路に役立った」「想像以上」と回答したのは励みになる。本業の時間を割いてインターンシップを設定してくれる事業所には感謝の気持ちを忘れず、「教育体制のフローを再確認できた」「高校生から刺激をもらった」などの返答をもらうことも。「一方的でなく、相互にメリットをもたらしたい」

 ○…趣味はヨット。休日には友人の所有船で伊豆半島や大島まで赴き、ガスコンロやシャワー、トレイが付く船内で1泊することも。「自由な時間だけど、波風の影響で自由にならないのも魅力」。高校生に伝えたいのは、「知らない世界を自分の目で確かめ、合う合わないを感じてほしい」。進路選択の幅を広げる活動を担っていく。

鎌倉版の人物風土記最新6

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

山崎 奈々絵さん

YouTubeチャンネル「鎌倉のひとに学びつながる」を運営する

山崎 奈々絵さん

台在住 46歳

5月31日

小林 哲朗さん

県大会優勝の鎌倉学園高校アメリカンフットボール部の監督を務める

小林 哲朗さん

横浜市在住 32歳

5月24日

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook