神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする 平野 理恵さん 腰越在住 49歳

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

楽しく生きる、未来は変わる

 ○…「コミュニティの力でごみ問題を楽しく解決」がテーマのイベント「ゴミフェス532(ゴミニティ)」をプロデュースする。トークに展示に体験と、日頃別々に活動する市民団体が集まる様子は、まるで「ごみの文化祭」。生活と切り離せない問題だからこそ、「長く続けるには楽しくないとね」とエネルギッシュに語る。

 ○…埼玉出身。人と話すことが大好きで、営業職としてバリバリ働いた独身時代。「遠いもの」だった環境問題が自分事になったのは、27歳の頃。仕事を辞め、人生を見つめ直していた時、社会や環境がテーマの雑誌『ソトコト』の広告が目に飛び込んだ。「この先私は、街は、仕事は、地球はどうなる?」。頭に疑問が浮かんだ。早速掲載されていた企画に足を運ぶと、カフェで飲食する来場者を前に、今でいうSDGsを語る人が次々登場。堅い話をラフに学べるスタイルに衝撃を受けた。「生きる中で大切な話をこんな風に楽しみながら聞けるものなんだ」。すぐに主催者に頼み、運営に加わった。

 ○…仕事が楽しく結婚を考えていなかった時期もあったが、夫との出会いで「愛夫家」と自称するほどに。2人の子どもはどちらも受験生の3年生だが、「本人が望むなら応援する。自分のやりたいことを見つけて楽しんでほしい」というスタンスで、口うるさくはしない。自分自身が「楽しく生きる」を大切にしてきたからだ。

 ○…イベント運営の経験を買われ、声がかかったゴミフェスの運営も今年で4回目。「笑顔が増える、ごみは減る!」を合言葉に、ためになる情報や多様な選択肢を楽しく紹介する。「自分が受けた衝撃を他の人にも受けてほしい。知ればきっと、ごみ問題が『自分事』になる。みんなでやれば未来も変わる」

鎌倉版の人物風土記最新6

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

山崎 奈々絵さん

YouTubeチャンネル「鎌倉のひとに学びつながる」を運営する

山崎 奈々絵さん

台在住 46歳

5月31日

小林 哲朗さん

県大会優勝の鎌倉学園高校アメリカンフットボール部の監督を務める

小林 哲朗さん

横浜市在住 32歳

5月24日

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook