神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

鎌倉市市民活動センターのセンター長に就任した 雨宮 正明さん 材木座在住 65歳

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
雨宮 正明さん

市民活動をサステナブルに

 ○…社会貢献や文化活動などに励む団体が登録する鎌倉市市民活動センター。300を超える団体をフォローしたり、活動したい市民や団体同士をつないだりと、市民活動を縁の下で支える。7月にセンター長に就任。活動の活性化や持続可能な団体のあり方を模索したいと使命感に燃える。

 ○…兵庫県芦屋市出身。関西学院大学を卒業後、インターネットセキュリティーやソフトウェアの仕事に熱中した。岩崎通信機、図研エルミック、同社の米国法人CEOを経て、2年前に地域限定の決済システムを手掛ける(株)エリアペイを起業。昨冬には、鎌倉駅周辺の3商店街でお得に買い物できる「かまくらペイ」の実証実験を行った。キャッシュレスの利便性の裏で事業者を悩ませるのが手数料。「他県・外国にお金がいくくらいなら、地域に還元できる仕組みを提供したい。使ってもらうためには、店集めを頑張らないと」とほほ笑む。

 ○…鎌倉には親戚がおり、幼い頃からよく遊びに来ていた。由比ヶ浜海岸で遊び、サーカスを見た思い出もある。就職を機に転居してから40年以上。大切な「地元」だ。

 ○…地域のためにと3年前に入会したのが、防犯ボランティア団体「鎌倉ガーディアンズ」だ。人混みでの警備や誘導など、「できる範囲で無理なく」活動している。センター長として、活動者として思うのは、「ボランティアはタダで我慢してやるものではない」ということ。NPOの名の通り「非営利」ではあるべきだが、何もかも無償でやらなければならないという訳ではない。我慢や犠牲を前提にした活動は、長く続けることも難しい。「本来、労働に対して必要な対価は支払われるべきもの。ボランティアへの見方を変えられたら」

鎌倉版の人物風土記最新6

田村 遥香さん

インターハイ・陸上競技の800mと1500mに出場する

田村 遥香さん

岡本在住 18歳

7月19日

山下 圭子さん

ドナー経験者として7月12日の献血&骨髄ドナー登録会(市役所)に協力する

山下 圭子さん

材木座在住 57歳

7月12日

雨宮 正明さん

鎌倉市市民活動センターのセンター長に就任した

雨宮 正明さん

材木座在住 65歳

7月5日

林 亮太さん

鎌倉ライフガードで海水浴場のマネジャーを務める

林 亮太さん

逗子市在住 35歳

6月28日

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook