茅ヶ崎版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

迫力の舞台に大喜び こころの劇場を小学生が鑑賞

文化

大喜びの子どもたち
大喜びの子どもたち

 茅ヶ崎市内の小学5年生を招待した劇団四季のミュージカル「こころの劇場」が今月21日、茅ヶ崎市民文化会館で開かれた。

 同公演は子どもたちに命の尊さや人を思いやる心、信じあう喜びなどを、舞台を通じて感じてもらおうと全国で行われているもの。茅ヶ崎では平成21年に始まり、今年で3回目の開催となった。公演は茅ヶ崎こころの劇場実行委員会(伊澤敏典委員長)が主催し、茅ヶ崎市文化振興財団が共催。茅ヶ崎市、茅ヶ崎商工会議所、茅ヶ崎湘南ロータリークラブなど多くの団体が後援、協力している。

 当日は市内19小学校の5年生2300人と県立茅ヶ崎養護学校の生徒が招待され、子どもたちは午前と午後の2回に分けて同劇団のミュージカル「はだかの王様」を鑑賞した。

 会場を埋めた子どもたちは迫力のある本物の舞台に大喜び。はだかの王様が登場する場面では、どよめきに似た声が会場のあちこちから沸き上がっていた。また、客席にまで降りてきたはだかの王様の姿に驚き、さかんに拍手を送っていた。

 午後の部を鑑賞した市立鶴が台小学校の子どもたちは「おもしろかった」「王様のはだかにはビックリ」「アフロヘアの人がおもしろかった」など、目を輝かせながら見終わった感想を話していた。
 

2300人が招待された
2300人が招待された

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク