茅ヶ崎版 掲載号:2012年5月25日号

可憐なハマヒルガオ開花

茅ヶ崎海岸でシーズン到来

砂浜に淡いピンク色の花を咲かせるハマヒルガオ。白い花のハマボウフウも自生している(5月19日撮影)
砂浜に淡いピンク色の花を咲かせるハマヒルガオ。白い花のハマボウフウも自生している(5月19日撮影)

 初夏を告げる海浜植物、ハマヒルガオがシーズンを迎え、茅ヶ崎海岸の砂浜に淡いピンク色の花が彩りを添えている。

 ハマヒルガオは日本各地に自生するヒルガオ科の多年草。直径5センチ程度でアサガオと似たラッパ型の花を咲かせる。特徴である長い根は防砂効果もあり、海岸浸食の激しい茅ヶ崎海岸では貴重な植物として愛されている。

 サイクリングロード沿いを歩くと所々にその姿を見つけることができるほか、まとまった数の自生は茅ヶ崎漁港付近や白浜町から汐見台までの海岸線が挙げられる。

 また、この時季には青紫色のハマエンドウ、紫色や白色のハマダイコン、白色のハマボウフウなど多くの美しい海浜植物を見ることができる。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク