茅ヶ崎版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

デフサッカーW杯の男子日本代表に選ばれた 中島 正行さん 菱沼在住 33歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

夢を心にピッチへ

 ○…聴覚障害者(ろう者)のサッカー「デフサッカー」のW杯2016男子日本代表に、3年ぶりに選ばれた。2005年から9年間務めた日本代表だが、3年前のデフリンピックで予選を突破できなかったことに責任を感じ、気持ちの整理をつけるまで2年かかった。「アジア全体が強くなり日本代表も良くなってきている。前回のW杯はベスト8だったので、今回はメダルを取って帰ってきたい」と心機一転、意気込みを見せた。

 ○…東京都豊島区出身。生まれつき聴覚に障害があった。Jリーグの開幕でサッカー人気が高まった小学5年生の時に、地元のクラブチームでデフサッカーを始め、高校3年時には全国ろう者体育大会で優勝。19歳の時に「本場のサッカーを味わいたい」と大学を中退し、ブラジルにサッカー留学した。「ブラジル人のサッカーに対する真剣さ、ハングリー精神の強さに衝撃を受けた」という。帰国後は都内の企業に勤めながら社会人リーグに所属。トレーニング環境の良さなどから2012年に茅ヶ崎に移り住み、14年にデフサッカーの元女子日本代表でもある奥さんと結婚。翌年、一児の父となった。

 ○…奥さんと生後5カ月の娘の3人暮らし。家庭では主夫として家事全般を担当する。娘が夜泣きをしていた頃は睡眠不足に悩まされ、トレーニングに支障をきたしたこともあったが、愛娘の成長に喜びを感じる日々という。「まだまだ未熟なパパですが」と照れ笑いを浮かべる。合宿や試合時の育児は奥さんにバトンタッチ。2人が忙しい時は両親が娘の面倒を見てくれるという。「サッカーを続けられるのは、家族と周囲の人たちの支えがあってこそ」と感謝を滲ませた。

 ○…サッカー一筋の人生に、いつしか目標ができた。「自分と同じろう者の子どもたちに夢や希望を与えたい。試合で活躍するだけでなく、色々なイベントに参加してデフサッカーを多くの人に知ってもらいたい」

キャッシュレスで全品5%還元

電子マネー払いで即日還元、クレジット払いで引落時還元。2020年6月まで。

http://www.fresh-tamaya.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

スケッチエッセイ集『くさぐさの記』を刊行する

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

浜須賀在住 73歳

5月29日号

金子 朋子さん

茅ヶ崎商工会議所女性会第17代会長に就任した

金子 朋子さん

東海岸南在住 

5月22日号

山本 泰然さん

除菌水の生成装置を茅ヶ崎市へ無償提供した(株)フジプロ・社長

山本 泰然さん

浜竹在住 63歳

5月15日号

永島(えいしま) 雅美さん

茅ヶ崎で活躍する人や活動を応援する

永島(えいしま) 雅美さん

本村在住 67歳

5月8日号

早坂 幸一さん

「機動湘南グルメ市場」を企画した

早坂 幸一さん

ひばりが丘在住 57歳

5月1日号

村田 貞常さん

「虹のアート」を通じて、助け合い元気付けようとする取り組みをはじめた

村田 貞常さん

共恵在住 70歳

4月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク