茅ヶ崎版 掲載号:2016年8月12日号 エリアトップへ

矢畑在住重盛さん 国際山岳看護師に認定 全国初 県内で唯一

社会

掲載号:2016年8月12日号

  • LINE
  • hatena
認定証を手にする重盛さん
認定証を手にする重盛さん

 茅ヶ崎市立病院に勤務する看護師の重盛ゆき子さん(39)=市内矢畑在住・人物風土記で紹介=が、日本登山医学会の「認定国際山岳看護師」資格の認定を受け、7月下旬に認定証を手にした。重盛さんは2014年度から始まったこの育成プログラムで最初に認定された全国2人の内の1人、県内では初めて。

 この資格は、山岳医学の臨床や研究を実践できる医療従事者の養成を目的とするもの。元々医師向けの「山岳医」制度だったが、2014年度から募集が拡大し、看護師も対象になったことから、重盛さんはこのプログラムを受講した。14年夏から16年1月頃までの期間、休みを使って夏山と冬山で登山技術の習得や救助方法、高山病や凍傷などへの対処方法を学び、資格習得に必要な単位(約125時間)を得てきた。「最後の講習は、冬山の八ヶ岳。登山経験を生かしてこの難関を一発クリアできて良かった」と振り返る重盛さん。

 今年5月に合格判定が行われ、6月に同学会で自分の名前が発表されたのを友人から聞き「とても嬉しい。この資格を取得してできることを考えて、行動していきたい」と重盛さんは話す。

登山・看護師・留学の経験生かして

 普段は市立病院の看護師として勤務している重盛さん。市内に生まれ、幼い頃から家族でハイキングに出かけるなど山に親しみ、看護師になった20代前半の頃社会人山岳会に入会した。

 登山の魅力にはまり、海外登山にも挑戦したことから「英語をもっと話せたら」と海外留学も経験。12年に帰国後「新しい目標を見つけたい」と思っていたところ、インターネットで「山岳看護師」の資格を知った。「登山中に仲間の身に何かあったら、医療職の自分が力になれたらと思っていた。今までの経験が生かせる」と考え、資格には「国内」「国際」の区分分けがあったが「海外登山や留学経験があったので」と「認定国際山岳看護師」を目指し、約2年越しで認定に至った。

 現在、メインで行っている活動は山岳レースでの救護で、今夏は「休日に槍ヶ岳や富士山の診療所での診療補助のほか、高山病予防や安全登山の啓蒙活動も行う」と話す重盛さん。今後は「普段は病院での仕事があるのでできることは限られるが、自分の知識や技術を生かして活動していく」と意気込みを語った。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook