茅ヶ崎版 掲載号:2017年8月11日号 エリアトップへ

AFC茅ヶ崎 ゴシアカップで健闘 国際交流の輪を広げる

スポーツ

掲載号:2017年8月11日号

  • LINE
  • hatena
ゴール前で肩を組む選手たち
ゴール前で肩を組む選手たち

 サッカーを通じた国際交流を目的にスウェーデンで7月15日から開催されていた国際ユース大会「ゴシアカップ2017」。今年は約80カ国から約1700チームが参加した。茅ヶ崎から出場したサッカークラブ「AFC茅ヶ崎」(西野努代表)は日本の代表として開会式で侍の仮装をして入場行進を行い、6万人の観客の歓声に応えた。選手たちは「会場の迫力に緊張して、予定していたチャンバラのパフォーマンスができなかった」と悔しがった。

 同クラブが出場した男子15歳の部には204チームが参加。4、5チームごとに分かれて予選リーグを戦い、同クラブは2勝をあげ3位に入賞した。続いて行われたプレーオフでは各ブロックの3位以下のチームで競うBクラスに出場。一回戦では2対0でスウェーデンのチームを下すも、二回戦ではドイツのチームに0対2で惜しくも敗れた。

 伊藤大介監督は「体格差のある海外の選手を相手にして自分たちの戦い方が見えたと思う。”いい経験”だったと言えるかは今後次第。選手たちのこれからが楽しみ」と先を見据える。

 試合外でも交流

 大会中は空いたグラウンドにも自然と人が集まり、選手たちはスウェーデンやウクライナなど国も年齢も様々な選手たちとサッカーを楽しんだ。宿舎では、選手たちが不慣れな英語やジェスチャーを駆使して交流し、一緒に写真を取ったり、キーホルダーや紙で作った手裏剣を贈り合うなどして親交を深めた。選手たちは「サッカーのおかげで言葉の壁を越えて仲間ができた」と喜びを語った。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook