茅ヶ崎版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く 安部 竜一さん 東海岸南在住 28歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

絵の力でHAPPY届ける

 ○…指に黒いインクをつけて現れ「さっきまで石に絵を描いていたんです」と弾む声。茅ヶ崎の海で拾ったという石の上をアクリル絵の具の筆が踊るように動き、怒り、泣き、笑い、様々な表情が描かれていく。何の変哲もない物に、命を吹き込む、これぞキャラクターデザインの真骨頂。「描く時は僕も同じ表情。絵を見ている人の反応がその場で見られるライブペイントは楽しいですね」と屈託のない笑顔を見せる。

 ○…生粋の茅ヶ崎っ子。幼い頃に夢中で描き写したカートゥーンは今も画風に大きく影響している。高校のデザイン美術コースを経て、絵の技術を大好きなファッションに生かしたいとデザイナーを志し、服飾専門学校へ。さらに海外の文化も学ぼうと、当時妹が留学していたカナダに渡った。「ところが、そもそも向こうは服にこだわらない。カルチャーショックで自信を無くしてしまって」。帰国後、事務など様々な職種を経験したが、どれもしっくりこない。将来への不安、迷いを抱える中、絵を描くことが心の支えになった。藤沢の画材店の紹介で、都内で個展を開催したことをきっかけに一念発起。「僕の絵の一番のファン」である父に「絵を描いていきたい」と相談した。「やってみろ。応援するぞ」。父の言葉に背中を押され、フリーのイラストレーターとして活動を始め、市内商店の外壁デザインや、BSフジの人気番組『ポンキッキーズ』のイラストも手掛ける。

 ○…創作活動の原動力は自身の「HAPPY」。オフの日はヴィンテージトイ探しやサーフィンなどでエネルギーを取り戻すほか、半年に1度見知らぬ土地へ一人旅に出て、創作意欲を吸収して持ち帰る。「人と出会い、繋がっていく刺激もエネルギー」と話すように、地元商店主やママさんグループ、芸能関係者など交友関係も幅広い。「少しでも僕の絵でHAPPYになってくれれば」。茅ヶ崎の街を地元愛で彩る。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

金子 怜以さん

茅ヶ崎市内初の高校生消防団員

金子 怜以さん

東海岸南在住 18歳

1月15日号

三嶋 隆史さん

「2021年成人のつどい」実行委員長を務める

三嶋 隆史さん

みずき在住 20歳

1月8日号

北川 哲也さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2021年度理事長に就任した

北川 哲也さん

 38歳

1月1日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢市土棚勤務 49歳

12月18日号

五十嵐 清夫さん

「相州小出七福神継承保存会」の会長

五十嵐 清夫さん

芹沢在住 81歳

12月11日号

篠原 友恵さん

「ミニチュアあそびの作品展」を開催する

篠原 友恵さん

東海岸北在住 70歳

12月4日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク